人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2018年1月24日

ISU四大陸フィギュアスケート選手権2018 男子シングルの見どころ

フィギュアスケートレポート by ウェイ・ション
  • Line

多くのスター選手

足首のけがでグランプリファイナルを辞退した中国のボーヤン・ジンにとって、今大会は復帰戦となる。
コーチの話によると、すでに普通の練習に戻しており、調子も悪くないとのことで、今大会ではスケート・アメリカで封印していた4ルッツを含め、ショートで2種類2本、フリーで3種類4本の4回転を入れる予定とのことだ。
ショートの曲は台湾出身の映画監督アン・リーの名作「グリーン・デスティニー」より、中国カンフーをイメージした振り付けが印象的だ。フリーの曲は「スター・ウォーズ」より。2つのプログラムとも現地の観客にとっておなじみの曲であり、完成度の高い演技を出せれば、きっと会場を沸かせるであろう。
しかしながら本人は目標を特定せず、ただ「練習試合の感覚で今大会に挑みたい」と本番に臨んでる。

4回転を今大会で跳ばないが、スケーティングとパフォーマンスで観客を魅了する。それがアメリカのジェイソン・ブラウン。
全米選手権で残念ながらオリンピックへの切符を掴めなかったが、「(ショートプログラムの)アメリカらしいハミルトンの魅力を世界の人々に見せたい」、そして「僕のパフォーマンスでフィギュアスケートの芸術性を発信したい」と言った彼は、韓国に行かなくてもきっとここでも最高なパフォーマンスを観客に届けるであろう。
全米は不本意に終わったが、ここでベストな演技をし、もう一度太陽のように温かい笑顔を見せてくれることを願いたい。

他にも2015年四大陸王者デニス・テン、四大陸銅メダルを3回獲得したハン・ヤン、カナダのケビン・レイノルズ、アメリカのマックス・アーロンなど、有力選手が多数出場する。
何が起こるかがわからない男子シングルの試合は、本当に見る人をわくわくさせるのだ。

代替画像

ウェイ・ション

中国広東省出身、早稲田大学アジア太平洋研究科を卒業。 コンサルタントを勤めながら、フリーランスのジャーナリスト・通訳として活動。数々のフィギュアスケート国際大会で記者会見の通訳を担当する経験があり、昨シーズンから国際スケート連盟ホームページの選手フィーチャーインタビュー・記事も執筆。趣味はフィギュアスケートの各種記録、データを覚えること。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
フィギュア スケートを応援しよう!

フィギュア スケートの放送・配信ページへ