人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

スキー コラム 2017年12月22日

GS(大回転)で世界の壁を超える新世代スキーヤー登場!

「青春の挑戦者」4年に1度のシーズンがやってきた!2017-2018ウインタースポーツ編 by J SPORTS 編集部
  • Line
小山陽平

日本のスキー界から、GSスキーヤーとして将来有望な選手が久々に登場した。2017年札幌冬期アジア大会で日本人選手として4大会ぶりにGS競技で優勝した小山陽平選手だ。これまで日本は、優れたSL(回転)競技のスキーヤーを生んできたものの、GSで活躍できる選手がなかなか出てこなかった。それだけに、小山選手に対する期待は大きい。

小山陽平

小山陽平(日体大) YOHEI KOYAMA
アルペンスキー

1998年5月31日 静岡県出身
2016 ユースオリンピック GS 銀メダル
2016-17 ワールドカップ アルタ・バディア大会 GS 54位
    札幌冬季アジア大会 GS 優勝
    世界選手権 GS 42位

きっかけはトリノオリンピック

小山選手がアルペンスキーに出会ったのは小学1年生のとき。きっかけは2006年のトリノオリンピックだ。アルペンスキーSL競技で皆川賢太郎選手が4位、湯浅直樹選手が7位に入り、50年ぶりの入賞を果たした。日本のアルペンスキー界が新たな時代の幕開けを迎えた年だった。
「トリノで皆川選手や湯浅選手の活躍を見て、あのときから金メダルを獲る、ワールドカップで勝ちたい!と思うようになりました。平昌オリンピックに関してはチャンスがあるなら狙っていきますが、メダルは北京に照準を合わせています」

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧