人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2017年12月21日

【小塚崇彦のフィギュアスケート・ラボ2017】アイスダンス_前編

小塚崇彦のフィギュアスケートラボ by 小塚 崇彦
  • Line

東野:リフトのタイプでショートとロングがありますけど、実はショートリフトの中にさらにストレート、カーブ、ローテーショナル、ステーショナルの4種類に枝分かれしてます。 これは、リフトするパートナー、男性の氷上の滑る形状の違いになります。

小塚:真っ直ぐ滑るのか、カーブをするのか。

東野:そうです。回転してしているのか。ステーショナルというのはその場でトラベリングをしないで回ったりすることです。

小塚:なるほど。

東野:ステーショナルリフトはその場で動かなくてもいいんですが、大体回っていますね。さらにレベルとGOEがつきますので、それぞれ難易度があります。よくみる形としてはストレートラインリフトで、男性がシングルのようにクラウチの姿勢でシットポジションでグッと下がっていきます。その状態でパートナーをリフトします。これの難しいところは、太ももが氷と並行にならないといけないところです。パラレルというのがキーワードで、これが両足でも片足でも大丈夫ですが、その状態を3秒間保たないといけません。また、女性ポジションも重要で中心から体重が離れた状態でするとより難しくなりますので、そういったことでレベル分けしています。

小塚:ちょっと違うかもしれないんですけど、よく体育大会とかでサボテンってああいうような形ではありますよね笑。一般の方にもわかりやすく言うと。サボテンみたいな形でもっと重心をズラしていくと難しいから点数も上がるんですね。

東野:そうですね。次のカーブリフトは仰る通り、カーブを描きながらします。よく最近みられるのは男性がスプレッドイーグルしながらの状態で女性がポジションを変えていきますね。イメージとしてはリフト中に女性の姿勢が違う写真が2枚撮れるような感じです。

小塚:男性は動かないけど、女性が姿勢を変えていくとこで、難易度が出てくるということなんですね。

東野:はい。ただし、女性が1人で姿勢は変えられません。必ず男性がホールドしているのでその場所も変えていかなくてはいけません。スプレッドイーグルもインサイド、ストレート、アウトサイドの3種類ありますけど、同じように必ず3秒間そのポジションを保たないといけません。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
フィギュア スケートを応援しよう!

フィギュア スケートの放送・配信ページへ