人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2017年12月20日

フィギュアスケーターのオアシス♪ KENJIの部屋 【with フィギュアスケート・ラボ ~17/18シーズン予習SP~】 完全版_後編

小塚崇彦のフィギュアスケートラボ by J SPORTS 編集部
  • Line

アリーナ・ザギトワ選手

——プログラム自体が、合宿みたいな感じよね(笑)。いやその体力すごいですね、集中力もすごいし

中庭:去年、まずあれ後半にしかジャンプがないということで、最初は後半に技術的なもので点数取るためにプログラム全体を通して見た時に、ちょっとバランス悪いじゃないですか、全部うしろだと。ただ、そういう感じを去年プログラムを見た時に感じなかった。これはこれで、音楽表現だったり盛り上がりのためにジャンプを使っているような。そういったところの印象で、その技術的に詰めてる感は僕はプログラム見た時には感じなかったところは覚えてますね。

——ほぼ冗談みたいな

岡崎:後半の盛り盛り感(笑)。

小塚:でもやっぱり勢いがあるという点、怖いですよね。まあそれこそ、これまでのオリンピック結構見てみても、若い人がそのままポンって出てくるというのも結構あるので。そういったところで、ちょっと楽しみな存在かなとは思います。

中庭:たしかに、女子選手はタイムリーな人がスルッてオリンピックで金メダル獲る、っていう歴史の流れはありますよね。

小塚:はいじゃあ、健ちゃん(笑)。

ケイトリン・オズモンド選手

中庭:ちょっと悩みましたけど、女子は僕はケイトリン・オズモンド選手ですね。もう去年も素晴らしいシーズンを送ったんですけど。やっぱり彼女ってその洗練された動きや技術を持ってるんですけど、やっぱりジャンプで空中に浮いた瞬間、一瞬時が止まったように感じるほど、ダイナミックなジャンプ技術があって。その洗練された動きとのそのギャップっていうものに僕はやられちゃってまして。やっぱりそこが非常に日本人選手にとって、ライバルないし今年やっぱりさらに磨きがかかって強く感じている部分なので、ケイトリン選手を推しました。女子選手が美しいのはあたりまえな感じですけど、こんだけわあっていうジャンプを跳ぶ選手って、ここ最近あんまりいなかったので。

小塚:全体的にGOEが付きやすいというか、そういうジャンプだったりと要素っていうのもってるから、それでやっぱり点数も出てくるし。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
フィギュア スケートを応援しよう!

フィギュア スケートの放送・配信ページへ