人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2017年12月19日

フィギュアスケーターのオアシス♪ KENJIの部屋 【with フィギュアスケート・ラボ ~17/18シーズン予習SP~】 完全版_前編

小塚崇彦のフィギュアスケートラボ by J SPORTS 編集部
  • Line

今シーズンのみどころ

——以上の変更点をふまえて、今までとどこが違う、今シーズンのみどころになるでしょうか

岡崎:ルール改正って大きな変更はだいたい二年に一回って決まりがあって、で今年はオリンピックシーズンのところもあって、ちょっとそんなに大きなものではなく小さなこまごまとした変更にとどまっているんだけれども。字面で見ると大したことないのかなあって思うけど、実際試合の現場に行ってそれを踏まえて判定がなされた時に、例えばさっきのクラスターもその保険が効いててレベル4が結構たくさん取れてた選手が、一発勝負みたいな時にわりと取りこぼしたりってのが出てくるのかなとか。なんかわりとちょこちょこ選手にすごく影響を及ぼしてくるんじゃないのかなという気はしますね。

——そうですね。すごい綺麗にできたけども、やっぱりちゃんと取れてないと点数は低いし、そこはちゃんとこう理解して応援していきたいですよね

小塚:より細かくなるのかなという、シーズン経るごとにちょっとずつルールも明確化されてくるし。そういったところは昨シーズンよりも今シーズン、来シーズンどんどん変更されていったりとか。わかりやすくなるっていうか、それぞれが理解しやすくはなっているのかなと思いますね。

——コーチ目線ではどうですか?

中庭:プログラムコンポーネンツの十点の話が出たけど、あそこってすごいごく限られた選手のケースが多いんですけど、逆に言うと僕らの抱えている選手も、重大な失敗があるのに関しては十点とかそういう次元じゃないですけども、もう少し低い次元ではプログラムコンポーネンツに与える影響というのは必ずしも出てくると思うので、より完成されたミスの少ない演技を構成から考え直して、試合に送り出すという準備はしないといけないなあってのは感じましたね。

——そうやね。すぐできるもんじゃないしね

小塚:賢二先生、振付師として。

——振付師としてはやっぱり、そのルールをさっきのスピンであったりジャンプのことであったり、ステップのコースであったりを把握しておけば、安心して自信を持って選手に、コーチにそのプログラムを渡せることになるので、しっかりちゃんと把握はしておきたいと思います。点数が高いということは、コーチのレッスンであったり、本人の練習であったり、そのプログラムが完成しているものだなっていうのを見てる人にわかってもらえるように。ただ綺麗じゃなくて、すべて計算しつくしたプログラムっていうのが見れたらって感じがします

J SPORTS編集部

J SPORTS 編集部

 

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
フィギュア スケートを応援しよう!

フィギュア スケートの放送・配信ページへ