人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2017年12月19日

フィギュアスケーターのオアシス♪ KENJIの部屋 【with フィギュアスケート・ラボ ~17/18シーズン予習SP~】 完全版_前編

小塚崇彦のフィギュアスケートラボ by J SPORTS 編集部
  • Line

ISUテクニカルスペシャリスト 岡崎真

今シーズンの主な変更点・PCS

小塚:PCSについて変更点、お願いします。

岡崎:明確化されたのは、転倒とかの重大なエラーがあった時に、どの項目に関しても十点満点を付けてはいけないとか、つけるべきではないという一文が出まして。そう言われたらそうだよなと。失敗があったとしても素晴らしいものは素晴らしいけど、やっぱり十点満点って満点なので、ほぼ完全無欠に近いものではないといけないと思うんですうよね。そんな時に大きな失敗をしてるのに与えていいものなのかっていうところはちょっと物議を醸したらしく。

小塚:転倒したのに、プログラムコンポーネンツに十点出てしまう場合があった?

岡崎:今まであったような気がします。だから総合的にはその点数としては出てないかもしれないけれども、つけてるジャッジが中にはいたというケースはあったので、過去。それがもう一切できなくなったのかなと、これで。でもここはいいんじゃないかっていうのがたぶんあったんだろうけど、でもやっぱその失敗していることによってその五項目すべて、スケーティングスキルからインタープリテーションまで五項目すべて何かしら、ちょっとその少し下がっている部分が絶対見られるでしょ、ってことで。

——転倒っていうのも難しいですもんね。手をついても転倒にはならない?

岡崎:ついただけでは。転倒にも定義があるので。これは転倒かどうかっていうのもちょっとモメるケースとかあって。あのパネルに三人の多数決で決めるので。

——でも、まあちゃんと見てはるので。コケそうになったら演技なのかどうなのかっていうのも、もちろん曲の解釈にもよるでしょうけど。そのへんは明確にしてもらったらいいですよね。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
フィギュア スケートを応援しよう!

フィギュア スケートの放送・配信ページへ