人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2017年12月1日

【小塚崇彦のフィギュアスケート・ラボ2017】ペア 後編

小塚崇彦のフィギュアスケートラボ by 小塚 崇彦
  • Line

17/18シーズンSP

小塚:今シーズン、2017-2018シーズンですね。ショートプログラムとフリースケーティングの要素について少し教えていただきたいと思うんですけど。

岡部:シニアのペアなんですけれども、内容が毎年ちょっとずつ変わっていて。ショートプログラムは今年はですね、グループ3ハンドトゥヒップのリフトをしなくてはいけない。そして、ツイストはダブルまたはトリプル。4回転はショートではできない。スロージャンプ、ソロジャンプはダブルまたはトリプル。それからデススパイラル、今年はフォアインサイドのデススパイラルです。

小塚:フォアインサイド。じゃあ表記がFIになるんですね。

岡部:で、今年はペアスピンコンビネーションです。これも年によってソロスピンになったりしています。

小塚:うん。ショートプロフラムの場合はシーズンによって変わるってことなんですね。今シーズンはペアスピンコンビネーション。

岡部:そして、ステップシークウェンスが入ってきます。

小塚:コレオグラフィックシークウェンスは?

岡部:コレオグラフィックシークウェンスはフリーで。

小塚:フリーだけなんですね。ショートプログラムの演技時間についてですけども。

岡部:はい。これはシングルと一緒で2分40秒の±10秒。

小塚:±10秒。じゃあ最大で2分50秒。最小で2分半。でも、2分半じゃ、ちょっとねー。

岡部:あまりいないですね。

小塚:入りきらないですよね?大体2分40秒以上で、50秒ギリギリのところで終わる選手が多いですよね。

17/18シーズンのFS

小塚:今度フリーに。>

岡部:リフトは3つできます。そのうち1つは必ずグループ5じゃないもの。

小塚:グループ5じゃないものですね。じゃあもう4か3かどっちか?

岡部:シニアになるともう本当に3か4のどちらかしかやってこないですね。1、2はほとんどやってくる人いないです。ツイストリフトは4回転までできます。スロージャンプは違った種類を2種類。

小塚:じゃあ、たとえばループやったら、今度ループはできないからフリップだったりトウループだったりサルコーだったり。

岡部:そうですね。ソロジャンプは単独のジャンプ1つと、それからコンビネーションまたはシークウェンス。デススパイラルは今年はフォアインサイドがショートプログラムだったので。同じスパイラルができないので、また違う、たとえば、このバックアウトをやらなければならない。

小塚:あっ。ショート、フリー。競技を通じて同じものをやっちゃいけないんですね。フリーの演技時間についてですけども。

岡部:はい。男子と同じ滑走時間で4分30秒の±10秒です。

小塚:これも、まあ、大体4分40秒ギリギリ?

岡部:そうですね。要素がたくさんありますからね。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
フィギュア スケートを応援しよう!

フィギュア スケートの放送・配信ページへ