人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2017年10月23日

【小塚崇彦のフィギュアスケート・ラボ2017】ペア 前編

小塚崇彦のフィギュアスケートラボ by 小塚 崇彦
  • Line

ペアの要素

①リフト
②ツイストリフト
③スロージャンプ
④ソロジャンプ
⑤デススパイラル
⑥ペアスピンコンビネーション
⑦ソロスピン
⑧ステップシークエンス
⑨コレオグラフィックシークエンス

小塚:この中で、シングルと同じで覚えやすいのは、ソロジャンプとソロスピン…

岡部:ペアスピンコンビネーションもバリエーションが多くないので、覚えやすいです。あと、ステップシークエンスとコレオグラフィックシークエンスですね。

小塚:シングルを知っている人が覚えないといけないのは4つ(リフト、ツイストリフト、スロージャンプ、デススパイラル)になりますね。

岡部:そうですね。

【1】リフト


■グループ1:アームピットホールドリフト
・男性が女性の腋を支えるリフト
・唯一男性の腕が伸びないリフト

■グループ2:ウエストホールドリフト
・男性が女性の腰を支えるリフト

■グループ3:ハンドトゥヒップリフト
・男性が女性のヒップを支えるリフト
・女性が上がった瞬間は「スター」とう形になる
・ポジションの変更をすることで、レベルが1つ上がる

■グループ4:ハンドトゥハンドリフト プレスタイプ
・男性が女性の両手を持って、まっすぐ持ち上げるリフト
・回転がかからず、男性と女性が違う方向を向いている< /p>

■グループ5:ハンドトゥハンドリフト ラッソータイプ
・男性が女性の両手を持って、回転しながら持ち上げるリフト
・この中でさらに以下5種類が分類される。
5Tli(トウラッソー)、5SLi(ステップインラッソー)、5ALi(アクセルラッソー)、5Bli(バックワードラッソー)、5Rli(リバースラッソー)

小塚:シニアの試合だとグループ3くらいから。

岡部:そうです。3、4、5。

小塚:5の中にも色んな種類がある。

岡部:そうです。シニアのフリーでは3つリフトを入れられますが、1つはグループ5以外のものを入れなければいけないルールがあります。バリューはグループ5が一番高いのですが、3つ全部グループ5にできないので、グループ3、4も入ってきます。

小塚:なるほど。ジャンプの種類2回までしか繰り返してだめだよってやつと一緒ですね。

岡部:そうです。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
フィギュア スケートを応援しよう!

フィギュア スケートの放送・配信ページへ