人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2017年9月26日

【フィギュアスケーターのオアシス♪KENJIの部屋<女子高生スペシャル>】樋口新葉選手<後編>

フィギュアスケートレポート by J SPORTS 編集部
  • Line

——じゃあジュニアは?

樋口:世界ジュニアの一年目だったんですけど。まさか最終グループにショート終わって入れると思わなくて、それでフリーですごい緊張したんですけど。確かノーミスして、表彰台乗れて、なんか初めてその世界大会というか、そういうので表彰台に乗れたので、うれしかったっていうのは覚えてます。

——めちゃええやん。おもしろ話は特になく?

樋口:そういうのを求めてなかったと思うんで(笑)。

——はい、すいません(笑)。じゃあ、シニア

樋口:シニアは、初めて出た全日本で、その時はジュニアだったんですけど、フリーで緊張して、試合ボロボロだったんですけど、結果は三位だったんですが。終わった後に腰が抜けるというか緊張がほぐれて。で、歩けなくなったっていうのを覚えてます。

——ペタンて座り込んでしまったん?

樋口:そう。で、点数出て、裏に移動しなきゃいけない時に、もう歩けなくて。

——キスクラで?

樋口:はい。

——あ、そうなんだ

樋口:で、そこから先生と連盟さんに抱えられてインタビューの所まで行って。インタビューの所でも立てないから、イスに座って受けたりとかしてました。

——あ、よかったイスに座ってたんや。で、特に問題はなく?

樋口:はい、問題はなかったです。

——よっぽど緊張してたんやろね

樋口:すごい緊張しました。

——今ちょっと思い出してた?

樋口:はい。最初の3・3でパンクして、いつどこに二個目の3をつけようと思って、後半のルッツの所に3・3をつけたんですけど。それがダウングレードだったことは覚えてます。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
フィギュア スケートを応援しよう!

フィギュア スケートの放送・配信ページへ