人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2017年9月26日

【フィギュアスケーターのオアシス♪KENJIの部屋<女子高生スペシャル>】樋口新葉選手<後編>

フィギュアスケートレポート by J SPORTS 編集部
  • Line

——頭の高さを変えずに。あれ結構しんどいよね

樋口:はい、脚にきます。

——(脚の)どこが痛くなる?

樋口:裏もだし、前もきます。ももの。

——ここを使うと結構きつい

樋口:内側ですか?そうですね、でも自分はいつもここ(太ももの前面)が疲れます。

——まあでもここ使っているというのはと良いと思うよ。すべる位置とかも考えてる?

樋口:ああ、それは考えてます。

——さすが。だからスピードが出るねんね

樋口:そうですね、なんかガリガリいうエッジの乗り方というか体重のかけ方だと、絶対スピード出ないし。だからといって後ろに寄りすぎても変なことなっちゃうから、このちょうどいい、真ん中よりもちょっと前で、音が鳴らない所とかですべったりしてます。

——あともういっこ、雪ちゃんとついてるかどうかを見た方がいいよ

樋口:知らなかった。

——そうなんだ。まあなんか、ちょっとこんなにしゃべったのは初めてだから話がおもしろ過ぎて

樋口:そうですか?

——うん、そんなにおもしろいこと言う子と知らなかったから

印象に残っている試合

——試合の中で、ノービス、ジュニア、シニアのなかで印象に残ってる試合ってある?

樋口:ノービスの時は、初めて海外試合に出させてもらった時に、イタリアの試合だったんですけどその時に、公式練習でお母さんがビデオカメラを撮ってたんですけど、それが気になって気になってしょうがなくて。

——試合中?

樋口:公式練習です。気になって気になって、いやだー!とか言ってたのがすごい印象に残ってます。

——ごめん全然わからへん

樋口:(笑)。観客席で、お母さんが私の公式練習をビデオに録画してて。でも私はすべってるじゃないですか。それがすごい気になって、すごいチラチラ見たりして。

——撮ってるのがいややったん?私を撮らないでっていうことで?

樋口:すごいその時に気になって。いつもはそんなことないのに。もうそこで集中力切れて、やめてって言って、先生に怒られたっていう記憶があります。

——ちなみに、集中力欠けた試合の結果はどうやったの?

樋口:一位でした。

——なにそれ。バラバラやん

樋口:でも意外となんか、公式だめで怒られた時が良かったりするんですけど、もうそういうのはだめだって風に思ってやってます。

——最近は怒られたりせえへんの?

樋口:最近はすごいだめだったら怒られるけど、四大陸とかはだめすぎて逆に呆れられてたと思うんで、怒られなくて。そうですね、世界選手権の時は周りを気にしすぎみたいなことを言われて。でもそれがショートの公式だったんですけど、ショートは良かったですね。

——ゾーンに入るとかさっき話してたけど、入ってへん時の方がいかな?

樋口:うーん。入ってなくて、喝入れられて、がんばるとかが多いかな。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
フィギュア スケートを応援しよう!

フィギュア スケートの放送・配信ページへ