人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2017年9月12日

【フィギュアスケーターのオアシス♪KENJIの部屋<女子高生スペシャル>】三原舞依選手&坂本花織選手<後編>

フィギュアスケートレポート by J SPORTS 編集部
  • Line

印象に残っている大会

——今までのスケートの試合とかで一番、印象に残っている大会というのはなんですか?

三原:私は世界選手権です。やっぱり世界ジュニアも出たことがなくて、初めての大舞台だったので、オリンピックの枠もかかってるとても大切な大会に出させていただけてすごく大きな経験になりましたし、ショートがすごくダメだったんですけどフリーでしっかり自分の納得のいくノーミスの演技ができたので、すごく嬉しかったです。

——あれはすばらしかったよね。花織ちゃんは?

坂本:めっちゃ前なんですけど、全日本ノービスの時に優勝したこと。Aの2年目の時。

——演技も納得がいったんや、自分の中で。

坂本:なんか、その大きな舞台で初めて優勝できて、そこからすごいジュニアになってもがんばろうとか思えた試合だったので。そこをきっかけに大きく成長できたんじゃないかなって思います。

——じゃあ逆にすごい悔しかった試合というのは?

三原:世界選手権。

——いつの?こないだの?なんでなんで?

三原:やっぱりショートで、いつもあまりミスはしない方なんですけど、最後の最後のジャンプでミスが出てしまったことがすごく悔しかったです。

——あの時はパッと真っ白になんの?

三原:あそこまですごく良い演技が続いていた方なので、やっぱり最後決めて終わりたかったなって思って。こけた瞬間はすごい頭真っ白でした。

——あれ私こけてんのかなという不思議な感覚になるんでしょう

三原:そうですね。

——練習でも失敗してなかったら余計なるよね、それ悔しいね。じゃあ花織ちゃんは?

坂本:ジュニアグランプリファイナルです。

——なんでなんで?

坂本:そのシーズン、全部けっこう強気でいけてたんですけど、ファイナルの時だけすごい弱気になってしまって、フリーの前には緊張し過ぎてなんか全然意識してなくても涙が出てきちゃって、それでフリーもけっこうボロボロだったので。思うようにいかなかった試合でした。

——内容よりも自分の気持ちがそうなってしまったことが悔しかったんだ。でもそれも経験できたんでね、次に活かせるもんね

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
フィギュア スケートを応援しよう!

フィギュア スケートの放送・配信ページへ