人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

スキー コラム 2017年3月17日

北欧シリーズ遥かなるビケルスン スキージャンプFIS ワールドカップ 16/17 ビケルスン大会プレビュー

鳥人たちの賛歌 W杯スキージャンプ by 岩瀬 孝文
  • Line
葛西紀明

ゆっくりと落とされていった葛西紀明(土屋ホーム)には悔しさがうかがえた

名門ジャンプスタジアムのオスロ・ホルメンコーレン(ノルウェー)が終われば、そこからバスで北上してリレハンメルへと連戦の旅になる。
そこはバスでおよそ3時間、かつてのオリンピック開催地とはいえ小ぶりな街だ。
ジャンプ台へは20分くらいゆっくりと歩いて上がる丘の中腹にある。

今季から新たにメイクされたW杯終盤戦、北欧ノルウェーシリーズ『RAW AIR』はオスロ~リレハンメル~トロンハイム~ビケルスンFHと団体戦2試合に個人戦4試合そして各予選を含めた16本の結果でシリーズ優勝者を決めるというもの。
それも初回とあり、ジャンプファンにどことなくなじみが薄いのと、選手や運営にいささかの慣れの時間が必要と言われている。連日のジャンプに移動の連続で体力的にも精神面でも疲労困憊であると。とくにオスロからリレハンメル(約3時間)やそのリレハンメルから北極海に面したトロンハイムへのバス移動(約5時間)は各国の選手達におおきな負担をかけていた。
ところが肝心のリレハンメルW杯は強風のために中止になってしまった。もう3月になり気温の上昇でそろそろ雪がなくなってくる時期、そうするとノルウェーの風はときに霧を呼び強風が吹きすさぶ状況にもなる。これはトロンハイムも一緒でノルディック複合W杯は飛べずにPCR(予備ジャンプ)からの試合になっていた。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧