人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2016年12月22日

ロシアフィギュアスケート選手権男子シングルの見どころ

フィギュアスケートレポート by セルゲイ・ヴォルコフスキー
  • Line

セルゲイ・ヴォロノフは、周知の力強い実力とともに、ベテランならではの落ち着きと強さに裏打ちされた、説得力のある深い演技が期待されます。

“落ち着きのトレーニングをしている”現ロシア国内ジュニアチャンピオンのドミトリー・アリエフは、ジュニアグランプリファイナル優勝の勢いをそのまま今大会へ持って来られるか。アレクサンドル・サマリンは今季から4回転を試合で成功したことにより取材でも自身の実力の向上とモチベーションの高さへの自信を述べ、ジュニアグランプリファイナル2位の雪辱を果たす意欲を感じさせます。

アレクサンドル・ペトロフは上位選手中唯一4回転をプログラムに入れていませんが、彼のスケーターとしての質の高さを評価するミーシンコーチのもと、トータルバランスで勝負してくると思われます。

そしてマキシム・コフトゥン。メディアやスケート関係者から精神面の波から試合で実力が発揮出来ないことを批判されることが多いですが、ディフェンディングチャンピオンであり、ポテンシャルが非常に高いことは疑う余地のない選手なので、今季はまだ国際大会では結果が出せていませんが、今季から師事しているゴンチャレンココーチのもと、メンタル面の克服に成功すれば、結果に直結することは間違いないでしょう。

その他、アルトゥール・ドミトリエフ、ジュニアグランプリファイナル6位のイリヤ・スキルダなど、実力が拮抗しているだけに、ベテランと若手が激しく競い合う、見応えのある熱戦が期待されます。

代替画像

セルゲイ・ヴォルコフスキー

1967年ロシア生まれ。モスクワ大学日本語学科を卒業。
日本人と結婚し、ソ連崩壊を機に日本に移住。フリーランスの通訳・ジャーナリストとして活動。日本文化への関心が高じ、ロシア語で俳句を紹介するブログも執筆。ソチ五輪を始めとするフィギュアスケートの国際大会で、記者・通訳としても活躍している。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
フィギュア スケートを応援しよう!

フィギュア スケートの放送・配信ページへ