人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2016年3月31日

【世界フィギュアスケート選手権2016】女子シングル日本代表選手見どころ ~五輪への折り返し地点「ボストンワールド」でのピョンチャンに向けての確認事項~

フィギュアスケートレポート by Pigeon Post ピジョンポスト
  • Line

女子シングルは、【ショートで三回転+三回転・フリーで三回転ジャンプ7回をミスなく決める】という勝負が長らく続いています。その勝負に挑み続ける女子達のたゆまぬ精進の結果、今では子供世代から大人世代まで、トップ選手は技術面では横一線(※3アクセルジャンパーを除く)。技で失敗をしない猛者達による、『技の加点』とそれぞれの個性を出した『演技構成点』の勝負がピョンチャン五輪でも見どころとなるでしょう。
折り返し地点となるボストンワールド(世界選手権)での女子日本代表選手の白熱するアスレティシズムとアーティストリィーを、澤田亜紀先生(関西大学アイススケート部コーチ)に解説して頂きました。五輪まで、今から盛り上がりましょう!

澤田(敬称略):澤田亜紀先生
インタビュー(「PP」):Pigeon Post ピジョンポスト 島津愛子

宮原知子(18)
果てしない意識の高さ
演技構成点【IN】を向上させたものとは

PP:宮原選手は、ジャンプのみならず振付の精度も高く、いつ見ても手先まで寸分違わぬ踊りだなと思っていたのですが、今年はその演技構成点の踊りと振付の項目「(採点表の表記)CH」に加えて「IN(interpretation 音楽や演目の“表現”)」のお芝居の面で進化が果てしないです!演じることを楽しんでいる、そんな気持ちも伝わってきます。この変化をどう見られていますか?

澤田:彼女は今季から宝塚出身のダンスの先生の指導を受けて、それが『魅せ方』に繋がっていると思います。フィギュアスケートは無言の演技になりますが、お芝居をされてきた方のアドバイスが宮原選手に響いたのかなと。

澤田:それから、アイスショーに出ると表現が分かるようになるんですよ。エキシビションは、選手もですけどファンの皆さんもリラックスされているので、ファンの方が「キャーーーーーッ!!!」とか(笑)言って下さることで「こうすればいいのか」と気付かされます。間近で御覧になっている氷上アリーナ席の方は目が合うと手を振って下さったり、そういった反応が返ってくるので。オフの間数多くアイスショーに出たことも、すごく良い影響を及ぼしていると思います。

PP:アイスショーでのリアクションが宮原選手の参考になっていると思うと、ファンの方はうれしいですね!「大声出してよかった!」と(笑)

澤田:(笑)アイスショーの他の出演スケーターからも得たものはあったと思います。

澤田:あとは、テレビに映るようになると自分の演技を見るようになるので、そこで客観視出来るんですよね。

PP:テレビは「アップ」になりますよね!練習中等の自分達の撮影だとそうはならないですね。

澤田:そのアップで映った自分を見て、感じたことがあったかもしれないです。私がそうだったので。世界ジュニアの映像を見て、「思ったより踊れてない……」とか(笑)肩を動かしているつもりなのに「全然そう見えてない……」とか。いつも先生に「こうしなさい」と言われていて「……(やってるし!)」とか思っていたことが、「実際出来てない」と(笑)彼女の性格ですから、きっとテレビの映像から良かった点・反省点を見つけ出して、さらに研究したと思います。昨季でトップになったからこそより吸収出来たものが、今季に活きていると思います。

PP:今、宮原選手のコーチの濱田美栄先生のチームから次々に新星女子スケーターが生まれていると思うんですけれども、亜紀先生が濱田先生に指導を受けられていた頃はどんなチームでしたか?

澤田:私が習っていた頃も、今のように国際試合に派遣される選手が多かったです。太田由希奈さん等、ノービス(小学生)の試合に出て好成績で海外の試合に出場する、そんな選手達を間近で見ていると「私も海外の試合に行きたい」と思うんですよね。「先輩について行けば私も行けるかもしれない」と。陸上練習でも先輩と同じことをしたり(笑)

澤田:文武両道の選手が多い、ということもありました。仲の良い選手が海外に行ったり学業にも力を入れていたりすると、意識の高さが伝染していくというか。

PP:エリート軍団がどんどん形成されていったんですね。

澤田:私が高校ぐらいの時には「知子と万莉子(木原選手)」の2人が入って来て、次に本田家の太一選手・真凛選手や白岩優奈選手が入って来て、後から後からずーっと続いている感じです(笑)

PP:エリートが止めどなく増殖していって(笑)

澤田:これだけトップ選手が密集していると、小さい頃から仲の良い友達がライバルになってくるんですよ。そうなると長い間互いに「頑張り合える」ようになります。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
フィギュア スケートを応援しよう!

フィギュア スケートの放送・配信ページへ