人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2015年2月26日

四大陸フィギュアスケート選手権2015 男子シングル総括

フィギュアスケートレポート by Pigeon Post ピジョンポスト
  • Line

四大陸フィギュアスケート選手権2015 男子シングル総合結果
1位 デニス・テン(カザフスタン)
2位 ジョシュア・ファリス(アメリカ)
3位 ハン・ヤン(中国)
4位 村上大介(日本)
5位 宇野昌磨(日本)
6位 ジェイソン・ブラウン(アメリカ)
7位 無良崇人(日本)
8位 ミーシャ・ジー(ウズベキスタン)
9位 イ・ワン(中国)
10位 アダム・リッポン(アメリカ)
11位 ナム・ニューエン(カナダ)
12位 ジェレミー・テン(カナダ)

優勝はカザフスタンのデニス・テン選手。ショートでは90点台後半をマークする高得点をたたき出しトップに立ちます。冒頭軽々と成功させた4トゥループから見事な3アクセルまでの流れるような動き、男声ヴォーカルの力強さに負けないステップシークエンスでのドラマティックな表現力。技術面ではすべての要素にGOEプラスがつく演技でソチ五輪銅メダリストの実力と貫禄を見せつけました。
フリーでも序盤に4トゥループジャンプを決め、2番目の4トゥループ-3トゥループも完璧に着氷。この時点で客席の歓声とボルテージが最高潮に達しました。ジャンプから流れるようにつなげたスピンで華々しく前半をまとめると、中盤は悠久の大地を思わせるようなゆったりとしたメロディに乗って3アクセル-2トゥループ、後半に軽快なリズムを刻む打楽器が鳴り始めたところで3フリップ-1ループ-3サルコウのコンビネーションジャンプ。終盤お祭りのようなにぎやかな曲調で大いに滑り踊るステップシークエンスはスピード感もすさまじく圧巻の一言。演技を終えると割れんばかりの大歓声、テン選手はリンクに頭と膝をつきついには大の字に寝そべります。少し乱れのあるジャンプもありましたがそれを忘れさせるような熱演でした。彼のルーツを思わせるエキゾチックな曲はヨーヨー・マやシルクロード・アンサンブルらが参加したアルバム『New Impossibilities』からの選曲。緩急を見事に演じ分けながらの滑りで観客を魅了しました。技術点は100点超え、演技構成点は9点台を4つ揃えるという驚異的なスコア。持てる力を存分に発揮し、ショート1位・フリー1位という完璧な成績。6度目の出場で四大陸選手権初制覇を成し遂げました。
(SP 97.61 1位|FS 191.85 1位|総合 289.46 1位)

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
フィギュア スケートを応援しよう!

フィギュア スケートの放送・配信ページへ