人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2015年2月27日

四大陸フィギュアスケート選手権2015 女子シングル総括

フィギュアスケートレポート by Pigeon Post ピジョンポスト
  • Line

四大陸フィギュアスケート選手権2015 女子シングル総合結果
1位 ポリーナ・エドマンズ(アメリカ)
2位 宮原知子(日本)
3位 本郷理華(日本)
4位 グレイシー・ゴールド(アメリカ)
5位 ジジュン・リ(中国)
6位 永井優香(日本)
7位 ゲイブリエル・デイルマン(カナダ)
8位 サマンサ・シザーリオ(アメリカ)
9位 パク・ソヨン(韓国)
10位 アレーン・チャートランド(カナダ)
11位 キム・ヘジン(韓国)
12位 カイラニ・クレイン(オーストラリア)

優勝はアメリカのポリーナ・エドマンズ選手。167cmと背が高くほっそりとしたスタイルが人目を引く選手です。ショートでは長身によく似合うブルーの衣装を身につけ高難度ジャンプの3ルッツ-3トゥループを確実に決めると、大人っぽいプログラムをあるときはリズムに乗ってキビキビと、あるときはしっとりと演じました。手足だけでなく指まで長い彼女がフラメンコの手の動きを交えて踊る姿は実にカッコよくサマになっていました。
しかしフリーではガラリと雰囲気を変えます。サイドを編み込みにした髪に小さな飾りをキラキラと散らし、大粒のスパンコールをあしらった濃淡ピンクの衣装の背中にはティンカーベルの羽を思わせるラインが。襟元には小さなフリル、スカートもひらひら……と可愛らしさ爆発です。それもそのはず、大人びて見えても彼女はまだ16歳。少女らしさをまずは衣装で全面に押し出すと、演技も妖精のように可愛らしい小刻みな動きを取り入れてスタート。高得点を稼ぐ難易度の高いコンビネーションジャンプ、回転も速くポジションも美しいスピン、笑顔を振りまきつつ長い手足を優雅に使った演技で魅せます。エッジエラーやアテンションマークの付くジャンプはあったものの、フリーでシーズンベストを更新し滑走者3人を残した時点でトップに立つと、そこから順位を落とすことはありませんでした。ショート、フリー共に大きなミスのない素晴らしい演技をした結果は四大陸選手権初出場で初優勝、しかもショート4位からの逆転優勝となりました。
(SP 61.03 4位|FS 122.99 1位|総合 184.02 1位)

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧