人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2015年1月6日

欧州フィギュア派遣選手決定!!ロシアフィギュアスケート選手権2015 女子シングル

フィギュアスケートレポート by Pigeon Post ピジョンポスト
  • Line

ロシアフィギュアスケート選手権2015 女子シングル 総合結果
1位 エレーナ・ラジオノワ
2位 エリザヴェータ・トゥクタミシェワ
3位 エフゲーニャ・メドヴェージャワ
4位 アンナ・ポゴリラヤ
5位 セラフィマ・サクハノビッチ
6位 マリア・ソツコワ
7位 アリョーナ・レオノワ
8位 マリア・アルチョミエワ
9位 ユリア・リプニツカヤ
10位 ナタリア・オゴレルツェワ
11位 マリヤ・スタビツカヤ
12位 アレクサンドラ・プロクロワ
13位 ディアナ・ペルヴスキナ
14位 エカテリーナ・エカテリーナ・バイアノワ
15位 アルス・カユモワ
16位 エリザヴェータ・ユーシェンコ
17位 マリア・ゴロホワ
18位 ポリーナ・コロベイニコワ
ソチ五輪金メダリストのアドリーナ・ソトニコワは足の怪我のため欠場。

初優勝を飾ったエレーナ・ラジオノワのSP(ショートプログラム)は『フラメンコ』、FS(フリースケーティング)は『ピアノ協奏曲第3番』。
常に朗らかな「陽」のイメージで存在し、キス&クライでも笑顔を崩さないラジオノワ。このロシア選手権では両日とも会心の演技を披露し、心からの笑顔を見せてくれました。
SPでは赤い衣装に身を包み、生き生きとした演技でフラメンコのメリハリの効いたアクセントを細やかに表現。ステップの中でも自然とリズムを取り、踊るセンスの良さが光りました。クリーンな3ルッツ-3トゥループのコンビネーションを含むジャンプはノーミスで全てに加点がつき、スピンのポジションも独創性があり美しく、高い評価を得ました。
FSでも、3ルッツ-3トゥループ、後半には3ループ-1ループ-3サルコウという高難度コンビネーションジャンプを含む全てのエレメンツをミス無くこなしました。コレオシークエンスでのスパイラルも美しく、演技に伸びやかな印象を残しました。
まもなく16歳を迎える今シーズン、背も高くなって雰囲気もぐっと大人っぽくなり、昨シーズンまでのあどけないジュニアらしさが抜けた印象があります。
(SP 74.13 / FS 143.32 / 総合217.45)

2位のエリザヴェータ・トゥクタミシェワのSPは『ボレロ』、FSは『Batwannis Beek』。
今季とても調子が良く、「大復活」のシーズンとなっており、12月中旬に行われたグランプリファイナルを勢いのままに初制覇しました。
しかし、ここまでに出場した試合数が多く、連戦の疲労もあってか、今大会では右足にテーピングを施しており「膝の状態が良くなかった」とのこと。
それでも、18歳になったばかりとは思えない自信と貫禄を正面から表しながら、SP・FSともとても良い演技を見せました。
SPの『ボレロ』では迫力を前面に押し出し、スピード感のある生命力に溢れた滑りでノーミス。コンビネーションジャンプのセカンドと2アクセルで、片手を上げて跳ぶジャンプを取り入れました。演技が終わった後は、等身大の少女の笑顔に戻っていたのが印象的でした。
FSでは中東のメロディに乗り、自信に満ち、妖艶でエキゾチックな舞で見る者を魅了しました。ただ、3トゥループ-3トゥループの予定のファーストジャンプが2トゥループになってしまい、完璧を目指していたであろう彼女はリンクから上がると表情を曇らせました。
ラジオノワには約5点及びませんでしたが、とても躍動出来た試合でした。
(SP 73.62 / FS 138.73 / 総合212.35)

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧