人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2014年1月15日

フィギュアスケート カナダ選手権レポート 女子 ケイトリン・オズモンド選手 FS(136.98 1位、総合 207.24 1位) インタビュー

フィギュアスケートレポート by Pigeon Post ピジョンポスト
  • Line

―今日の演技を終えて

今シーズンは不安で一杯で、残念なことが続いていたんですけれども、(ハムストリングの怪我から)復帰できて、昨年(のカナダ選手権 初優勝)よりも良い演技が出来て、「戻って来れた」、「今の私が、過去最高の自分」っていうことが分かって、素晴らしい気分です。

練習通りにしようと思っていて、でも試合では初めて披露するプログラムだったので、もう、(非常に落ち着いた様子ながら)「超盛り上がってます(super-excited)」。(総合207.24の高得点に)私どうしちゃったの、ってびっくりです。

演技の前は、震えていたんですけど…「緊張しい」ですし、でも日々の練習を思い出して、「もし失敗してもまた次があるし」とか思って。緊張はもう全部どこかへ追いやって、演技に入り込んだら、リンクで仲間と一緒に滑ってる感じになって。
「tell the story」っていうのを今シーズン心がけていたので、それがほんとによかったです。

(緊張を追いやる術は)やはり「I can do it, I can do it!」って、自分に自信を持つことだと思います。どうなっても-良いことになっても悪いことになっても、私は前を向ける、集中して落ち着いて滑れる、って信じて。これは、(ラヴィ・ワリア)コーチの教えでもあります。先生はすごく冷静な方で、(演技中に)「ここで集中」とか「ここで息継ぎ」とかそういったことを気付かせて下さいますし、それに、何が起こっても「楽しむ心で乗り越えなさい」と教えて下さいます。

―ソチ五輪に向けて

私はまだ世界に出始めの選手だと思っています。ですから、昨シーズンよりも良い演技を、というのが目標です。それならば目指せるので。(3-3の練習が自身の怪我につながり)高みを狙えば、それが仇になることもあります。とにかく周りに流されずに、自分は昨シーズンよりも良いスケートをするだけです。
自分自身に集中して、練習をすることで落ち着いて臨みたいです。

(初めてのオリンピックは)「夢が叶った!」っていう感じです。(再び、非常に落ち着いた様子ながら)「超盛り上がってます(super-excited)」。団体戦に出られるかもしれませんし、そこでメダルも狙えると思いますので。もし団体戦の出場が決まって、このようなカナダ代表の素晴らしい選手達とチームを組めたら、本当にすごいです。
特に私はオリンピック初出場なので、団体戦に出場する機会があれば、「オリンピックの感じ」っていうものが分かるし、個人戦に向けても大きいと思います。(試合が増えることになるが)それが、個人戦に向けてのとっておきの経験になりますね。

トップ8(昨季の世界選手権の順位)以上を目指して、ジャンプ構成を変えず(3-3はショートのみ)、完璧に滑って「世界で戦える」ことを見せたいです。
今大会と同じように、これまでの試合よりも良い演技、というところを目指して、今大会の細かい失敗を修正したり、振付やコンポーネンツの向上に取り組むと思います。

(自己評価としては)ジュニアの頃よりスケーティングが良くなったと思います。若い世代の健闘の中、オリンピックで共に戦えるのでうれしいです。

翻訳/テキスト: 島津愛子 Aiko Shimazu
写真: FUJIKO フジ

代替画像

Pigeon Post ピジョンポスト

フィギュアスケーターの"声" "今"を届ける記者チーム(Pigeon Post HP)。
日本チームを中心に、世界のフィギュアスケートを特集する日本語英語のバイリンガルサイトで、インタビュー・リポートを掲載。Twitterをポータルとして、新しい記事の紹介やニュース、イベントのリポートまで、ワンストップで伝える。FacebookもTwitterと連携させている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
フィギュア スケートを応援しよう!

フィギュア スケートの放送・配信ページへ