人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2014年1月13日

フィギュアスケート カナダ選手権レポート アイスダンス ヴァーチュー・モイア組 FD(117.87 1位、総合 194.03 1位)インタビュー

フィギュアスケートレポート by Pigeon Post ピジョンポスト
  • Line

―今日の演技を終えて

モイア選手:今日は「攻めてる」感があって、ケイトリンとアンドリュー(2位のウィーバー・ポジェ組)達の次に練習したのもよかったです。彼らは、やはり世界の強豪カップルですし、僕らに刺激を与えてくれる、というか。ソチオリンピックに向けても、いい備えになった思います。

ヴァーチュー選手:今日の演技はよかったと思うんですけど、これがそんな「備え」になったとは

モイア選手:そこまでの備えじゃないけど!(笑)

ヴァーチュー選手:キス&クライで、「ここをこうしたい」みたいなダメ出しをしてたんですけど、トランジションですとか。でも、この方向でいいと思います。大事なのは、ソチにピークを持ってくることで、今大会で自分達の演技を検証することは必然だった、と思います。

モイア選手:今大会に出場したことで、より厳しくより長い時間練習しています。それで疲労も出て来るのは予見しています。でも、それで今ほんとに良い状態になっているので。フィギュアスケートっていうものは、プログラムの最後には絶対疲れるんですけど、今僕らは、「精魂使い果たしてもなお、足には力が残っている」、そんな状態です。

ヴァーチュー選手:お互い今、「100%でやっている」っていう感じで。それがまたさらに自信も生んで、いい方向だと思います。

―最後のカナダ選手権、としてはどうでしたか?

モイア選手:今週はもう、「スペシャル」だらけで。(笑)(カナダ選手権)100周年でしたし。テッサ(ヴァーチュー選手)と僕はその…ちょっと冗談で、「最後のカナダ選手権で3位になってギリギリ代表、みたいになりたくないね」って言ってたんですけど、今大会の結果を見て、ほんとにそうなってたかも、って。(笑)代表争いというのはそういうギリギリの戦いで、だから盛り上がるし、そうこなくっちゃ、と思います!オリンピックシーズンのナショナルは、他の年とはまったく違うんです。とんでもないプレッシャーの中、「どうなっちまうんだ!」みたいな展開で。

―ソチ五輪に向けて

モイア選手:このままの方向で、あ、でも細かい点、テッサとキス&クライで反省してたような、ほんとにちょっとしたことなんですけど、それを正して。このショートとフリーのプログラムは、表彰台の一番上に僕らを登らせてくれるものですし、これをやり切れば、と。…帰ってから、相当なビデオ検証が要りますけど。ま、ほんとに細かい話で。これまでやって来たように調整を続けて、大一番に調子を合わせたいです。

―パトリック・チャン選手が、「ボーン・クラーツ組(アイスダンス)がカナダ選手権で10回優勝した」と聞いて、意欲がわく、と言われていました。

モイア選手:なるほど。いいぞ、パトリック!(笑)

ヴァーチュー選手:まだ若いし、出来ますね。私達は…もう本当に、「10回優勝」というのは彼らの驚異的な記録で偉業なので。スコット(モイア選手)も言ってますけど、そんなに長い間トップでいられませんし。私達は、そこは目指していませんでしたし。周りの方にしか分からないことかもしれませんが、この4年間に懸けたものは大きくて、一杯一杯でやって来たので。「タイトルを守る」っていうのは覚悟が要って

モイア選手:皆、倒そうと思ってるから。

ヴァーチュー選手:それは間違いなく。もう一度やろう、と思えば出来ると思うんですけど。もう、これまでの私達の挑戦っていうのは讃えられるものですし、もうしばらく自分達自身と闘って、オリンピックに向かいたいと思います。

モイア選手:僕らは、フィギュアスケートで、お互いを高め合って励まし合って、この4年間で学んだものは、とてつもなかったです。一緒に珍道中でここまで歩んで来たことを、幸せに思っています。

翻訳/テキスト:島津愛子 Aiko Shimazu
写真:FUJIKO フジ

代替画像

Pigeon Post ピジョンポスト

フィギュアスケーターの"声" "今"を届ける記者チーム(Pigeon Post HP)。
日本チームを中心に、世界のフィギュアスケートを特集する日本語英語のバイリンガルサイトで、インタビュー・リポートを掲載。Twitterをポータルとして、新しい記事の紹介やニュース、イベントのリポートまで、ワンストップで伝える。FacebookもTwitterと連携させている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
フィギュア スケートを応援しよう!

フィギュア スケートの放送・配信ページへ