人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2014年1月11日

フィギュアスケートカナダ選手権レポート 男子 パトリック・チャン選手SP(89.12 1位)インタビュー

フィギュアスケートレポート by Pigeon Post ピジョンポスト
  • Line

―ショートの演技について

今日の演技は自分らしさがなく…良いところが出ていなくて。「スケートを楽しんでる、その瞬間を楽しんでる」っていう感じがなくて、だから、それが明日に向けての課題ですね。

(3Aの予定が2Aになり、3Lzも2Lzになったのは)「何が起こったか」っていうのがすぐに分からないと、動揺するというか、それでパニックになりますよね。でも、いいことには、氷からあがってコーチと話せるので…すぐそこにいるので。「何が悪かった」っていうのを示してもらえて、「何が起こったか」っていうことも多角的に捉えてもらえる、だから選手にはコーチが要るんです。

でも、なんか今日は「何が起こったか」見当がつかないですけど…

(冒頭の)4T-3Tはもう、素晴らしくって、ほんっとにすごかったので(GOE+3.00)、それで「こうなったら、完璧なプログラムにしなくちゃいけない」みたいな感じで、イキッて、「よし、全精力で自分の持てる全てを出すぞ」と思って。そうなってしまうと、空回りですね。うまく行く時は、いつも「ひとつひとつ(one thing at a time)」大切にやっているので、今日はそうじゃなかったです。

でもこれをよしとして、経験を活かせる良いチャンスと思って、明日につなげたいです。それが自分の務めなので、今日の経験から学びます。

―100回目のカナダ選手権に出場して

100回目のカナダ選手権を観に来られた皆さんの前で滑ることは、大きな意義があります。僕や今週ここで滑る全ての素晴らしいスケーターを導いて下さる、そのような立派な方々だと思っています。

100回目のカナダ選手権に出場することが出来て光栄です。

あ、でも、残念ながら動揺してしまい、ベストの演技、最高のショートをお見せするまでに、今日は至りませんでした…ですが、明日もう一回滑れることをすっごく楽しみにして、「100周年」を楽しんで、この栄光を、先達のスケーターの方々と分かち合いたいです。

翻訳/テキスト:島津 愛子 Aiko Shimazu
写真:FUJIKOフジ

代替画像

Pigeon Post ピジョンポスト

フィギュアスケーターの"声" "今"を届ける記者チーム(Pigeon Post HP)。
日本チームを中心に、世界のフィギュアスケートを特集する日本語英語のバイリンガルサイトで、インタビュー・リポートを掲載。Twitterをポータルとして、新しい記事の紹介やニュース、イベントのリポートまで、ワンストップで伝える。FacebookもTwitterと連携させている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
フィギュア スケートを応援しよう!

フィギュア スケートの放送・配信ページへ