人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年5月17日

ジャパンラグビー リーグワン、クライマックス!プレーオフに進出する4チームのキャプテンが意気込みを語る

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

坂手主将(左)、立川主将

シーズン途中には首位にも立ち、昨季に続いてトップ4に入った3位のクボタスピアーズ船橋・東京ベイの立川主将は「江戸川陸上競技場の試合にファンがたくさん来てくださったし、オレンジを身に纏って一緒に戦ってくれている雰囲気があるので、選手たちはすごく力をもらった。序盤はケガ人が出てベストメンバーが組めない中で、日本人の若手選手が活躍してくれたので、チームの底上げや、全員で戦う意識を感じることができた」とリーグ戦を振り返った。

立川理道主将(クボタスピアーズ船橋・東京ベイ)

チームの強み、プレーオフで期待している選手を聞かれて立川主将は「強みはやっぱり大きなFWですが、BKもアンストラクチャーからトライを取れることを示したので、そこも強みかなと思います。NO8(ナンバーエイト)ファウルア・マキシがかなり重要になってくるので注目してほしい」と話した。

クボタスピアーズ船橋・東京ベイはこれまで優勝の経験はない。「秘策はない」と話す立川主将は、「リーグワンの初代王者を目指してやってきた中、次のセミファイナルで勝たなければ王者になれない。この1週間しっかりと準備をして、ワイルドナイツに向かった先に優勝があると思って、チーム一丸となって戦っていきたい」と腕を撫した。

坂手淳史主将(埼玉パナソニックワイルドナイツ)

開幕から2試合はコロナの影響で中止せざるを得なかったが、その後は14連勝を達成。2位で通過した昨季トップリーグ最後のチャンピオンとなった埼玉パナソニックワイルドナイツ。

坂手主将は「コロナの影響で開幕から2試合できず、チームとしてももう一度自分たちの考えや行動など見つめる時間が大きく取れたので、それを超えてから1試合1試合成長できてる。開幕から2試合負けとなって、その後の試合は勝ち点が非常に大事だったので、逆転で勝つことが出来た(第4節の)コベルコ神戸スティーラーズ戦、(第11節の)静岡ブルーレブズ戦、その2試合は今となってすごく大きかったと思います」と振り返った。

日本代表HO堀江翔太など、ベンチメンバーがしっかりと仕事をし、逆転勝ちが多かった埼玉パナソニックワイルドナイツ。そのことについて先発で出場している坂手主将は「前半どこのチームも強いので、そこでしっかりと受け止めて、いい試合をして後半につなぐのがスターターの仕事です。後半のメンバーも前半ゲームを見ながら分析して、適材適所いいプレーしてくれているので、本当に頼もしい」と話した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ