人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年4月11日

世界にひとつだけのクラブ~活動停止の宗像サニックスに敬意を~

be rugby ~ラグビーであれ~ by 藤島 大
  • Line

卒業後、地元のやんばるクラブに所属、市管工事組合に籍を得て、水道料金滞納の家の栓を施錠して回った。やがて、やんばるの仲間の声が高まる。

「周作がここにいるのはうれしい。しかし、ここにいるべきではない。さあトップリーグへ」

サニックスのトライアルに臨んだ。外国人選手を倒しに倒して、セッションが終わると言った。「さ、帰りましょうね」。入団は決まった。2007年から2020年まで在籍、トップリーグに77試合出場した。

いま頭に浮かび、直接取材した両雄を挙げた。こんな経歴の者はあまたいる。たとえば現役のプロップ、加藤一希は、愛知の春日丘高校では、かの姫野和樹と同期、ただし、こちらは「3軍」だった。それがサニックス、宗像サニックスブルースである。

このほど「2022年5月末日」をもって「活動休止」が発表された。「現下の経営環境を総合的に判断した結果」である。あらためて記録ならぬ記憶のクラブに敬意を捧げよう。いっぺんも王様でなかったが、いちども負け犬ではなかった。関東や関西の強豪大学からの逸材はたいがい素通りする。名も無き選手たちは、しかし、独自の方法で「富める者」を困らせた。

 

2008年。神戸製鋼コベルコスティーラーズを破る。京都の西京極における快挙だった。25対21。31歳の古賀龍二、22歳の濱里周作はともに先発に名を連ねていた。

サニックスの培った根の力の証明はむしろ翌09年度の同カードに示された。敵地に近い雨中の大阪で9対12の惜敗。前年の黒星に油断を断った才能集団に堂々と伍した。

神戸製鋼のSH後藤翔太は試合後にこう話した。
「トップリーグで戦っていて相手に哲学を感じるのは上の三つ(東芝、三洋電機、サントリー)とサニックスです」

フィットネスがあった。パス主体のスタイルがあった。元名古屋の青果市場勤務、こちらも叩き上げの藤井雄一郎監督(現・日本代表強化担当)は、戦法や練習法を自分の頭で創造できた。どのみち国内の大物は入団しない。だから「走りつなぐ」に割り切れた。新人が春の練習で8kgもやせた。サニックスはこの09年度に7位。これが最高の成績となった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ