人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年3月9日

東京サンゴリアス、この春に加わる新戦力は大学トップの5選手

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

大学日本一の帝京のキャプテンだった細木

「ジャパンラグビー リーグワン」では、大卒新人(現在大学4年生)は4月1日から公式戦に出場が可能となる。すでに多くの選手が練習に参加、出場をうかがっている。ここではディビジョン1の各チームに加わった新人選手を紹介していきたい。

リーグワン初の王者を目指す東京サントリーサンゴリアスには、昨季と同様、FW(フォワード)3人、BK(バックス)2人、計5人の大学トップ選手が加入した。

まず、FWでは10度目の大学選手権優勝に大きく貢献した帝京大学キャプテンの細木康太郎。身長178cm、体重115kgの右PR(プロップ)は、横浜ラグビースクールで中学校1年から競技を始めた。

桐蔭学園高校時代は花園でベスト4だったものの、体幹の強さは生まれ持ってのもので、ボールキャリーは際立っており、大学に入ってスクラムも大きな武器となった。さらなる磨きをかけて、サンゴリアスのレギュラー、そして桜のジャージーを目指す。

細木は「東京サンゴリアスの一員としてプレーができることを、大変嬉しく思うとともに、これまで関わってくださったみなさまに心より感謝申し上げます。ラグビーやラグビー以外の場面でチームに貢献し、必要な存在になれるよう新人らしく精一杯努力します」と初々しく挨拶した。

早稲田大学で副キャプテンだった小林

もう1人、将来有望なPRが加入した。それは2021年、早稲田大学で副キャプテンを務めた身長181cm、体重112kgの小林賢太だ。ボールキャリー、運動量に長けたPRである。

4歳から芦屋ラグビースクールで競技を始めて、高校は東福岡高校に進学し、高校2年時には「高校3冠」を達成した。3年時はベスト4に終わったが、早稲田大学に進学。1年時からレギュラークラスとして活躍し、2年時は大学選手権優勝に貢献した。

2021年度から、将来を見据えて右PRから左PRに転向した。小林は「東京サンゴリアスの一員としてプレーできることを大変うれしく思います。チームの勝利に貢献し、信頼されるプレイヤーになるために、日々チャレンジし続けます」と語気を強めた。夢である桜のジャージーを着るために、まずはサンゴリアスの1番を目指す。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ