人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年1月7日

新時代の幕開け。リーグ開幕試合「神戸S×SA浦安」プレビュー。NTTリーグワン2022

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

宗像サニックスから移籍した新加入のジェームス・ムーアは、ロックではなくフランカーでの起用。クラブ主将を務める金正奎とのコンビで接点の最前線に立つ。NO8はジャッカルの名手で、豪州代表15キャップのNO8リアム・ギルだ。

注目の先発スクラムハーフは東海大卒の湯本睦。21年のスーパーラグビー・トランス・タスマンではブルーズの司令塔として優勝経験のSOオテレ・ブラックとコンビを組む。

12番はコカ・コーラなどでプレーしてきたトゥクフカ トネ。コンビを組むのはスキルに欠点の見当たらない新主将のCTBシェーン・ゲイツだ。

決定力のあるフィニッシャーは7人制代表として東京五輪にも参加した羽野一志、抜群のトライ技術を持つ石井魁。そして豪州代表73キャップを誇るラインブレイカー、FBイズラエル・フォラウだ。

リザーブでは、日大主将だったルーキーのHO藤村琉士、九州共立大では主将を務めた竹内柊平が出場に備える。

日米ハーフのマッケンジー アレキサンダー、ウイングもスクラムハーフもカバーできる鶴田諒、元帝京大主将のハードワーカー、本郷泰司も出場を狙う。

一生に一度のリーグ開幕試合「コベルコ神戸スティーラーズ×NTTコミュニケーションズ シャイニングアークス東京ベイ浦安」は1月8日(土)午前11:50にJ SPORTS 1で生中継、J SPORTSオンデマンドでLIVE配信される。

いよいよ始まる日本ラグビーの新章。歴史的瞬間を目に焼き付けたい。

文:多羅 正崇

多羅正崇

多羅 正崇

スポーツライター。法政二高-法政大学でラグビー部に所属し、大学1年時にはU19日本代表候補に選出される。法政大学大学院日本文学専攻卒。現在は「ラグビーリパブリック」「Number web」等に記事を寄稿。≫Twitterアカウント ≫noteアカウント

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ