人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年1月7日

新時代の幕開け。リーグ開幕試合「神戸S×SA浦安」プレビュー。NTTリーグワン2022

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

コベルコ神戸スティーラーズ vs. シャイニングアークス東京ベイ浦安

ついに新時代の扉が開く。

2022年1月8日(土)、いよいよトップリーグの後継リーグである「NTTジャパンラグビー リーグワン2022」が開幕する。

リーグの火蓋を切る開幕試合は、兵庫・神戸総合運動公園ユニバー記念競技場が舞台だ。

本来の開幕戦は、東京・国立競技場で開催予定だった「クボタスピアーズ船橋・東京ベイ(S東京ベイ)×埼玉パナソニックワイルドナイツ(埼玉WK)」。

埼玉WKで6選手が新型コロナウイルス陽性と判定され、残りの選手も濃厚接触者になったことにより、登録選手の試合規定を満たせず無念の開催中止。振替試合もなく勝点はS東京ベイに「5」、埼玉WKに「0」となった。

開幕戦の中止により、リーグの記念すべきファーストゲームは翌8日、最高峰ディビジョン1のカンファレンスAの好カードになった。

神戸市(兵庫)をホストエリアとする神戸Sは1928年創部の伝統チームだ。指揮官は5季目を迎えるNZ出身の名将ウェイン・スミス総監督。

昨季は連係に苦しむなどして4強入りを逃した。しかし今季は新クラブハウスも完成して心機一転、新たなチームビジョン「SMILE TOGETHER 笑顔あふれる未来をともに」を掲げ、18年度以来の歓喜を目指す。

18季続いたトップリーグとの最大の違いは、試合を興行する権利「主管権」が日本協会から各チームに委譲されたこと。今後は各チームのホストゲームでの仕掛けに要注目だ。

神戸Sは今季「KOBE "SMILE" PARK」と題した場外イベントをホストゲーム全試合で開催予定だ。

土曜日の開幕戦では、グッズ販売などの各種ブースから、地元・神戸のグルメを楽しめる「神戸マルシェコーナー」、ラグビー体験コーナーが登場。

サプライズは「『開幕戦記念Tシャツ』の来場者全員プレゼント」。新リーグへの意気込みを感じる大盤振る舞いだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ