人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年12月24日

連勝中の名門・同志社大か。対抗戦王者・帝京大か。全国大学選手権準々決勝

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

武器であるブレイクダウンで最前線に立つバックローは、迫力あるFL梁本旺義、突進力が光るNO8木原音弥らがいる。

10番は的確なラン、パスで突破をアシストできるSO嘉納一千。決定力のあるWTB和田悠一郎、WTB大森、そして鋭角のステップワークも光るFB山口楓斗がフィニッシュを狙う。

そんな同志社大が激突する相手は、辞退した前回大会で対戦するはずだった帝京大だ。

2017年度に前人未踏のV9を達成した帝京大。18年度以降は順に明治大学、早稲田大学、天理大学が王者となった。

帝京大は優勝から遠ざかっていたが、2021年度は関東大学対抗戦Aで7戦全勝。3年ぶりの対抗戦優勝を手にした。

今季の帝京大はPR細木康太郎キャプテンの強烈なリーダーシップ、4年生を中心としてまとまっている。レギュラーを支えるメンバー外の選手たちも目標である大学日本一にコミットしているという。

昨季はV9時代を知る最後の代が引退。現在の4年生は帝京大の連覇が止まった翌年度の4月に入学した。マインドは王者ではなく挑戦者だろう。

細木康太郎主将(帝京大学)

帝京大の出場メンバーは本稿執筆時点で未発表だが、対抗戦の最終戦を欠場していたPR細木主将の名前の有無は注目点のひとつだ。

各学年でメンバーは多士済々。4年生はゲームメイカーの一人であるCTB押川敦治、高校時代は花園出場経験のないCTB志和池豊馬(宮崎・日向高)、WTB白國亮大(大阪・摂津高)ら。

3年生は運動量豊富なFL山添圭祐、絶対的な司令塔であるSO高本幹也ら。2年生は接点で抜群に強いHO江良颯、活動量あるNO8奥井章仁もおり、1年生は192cmのLO本橋拓馬、187cmのFL青木恵斗が主力になっている。

週末日曜日に東京・秩父宮で開催される準々決勝第2試合「帝京大学×同志社大学」は、2021年12月26日(日)午後1:50から、J SPORTS 1で生中継、J SPORTSオンデマンドでLIVE配信される。

焦点のひとつはブレイクダウンの攻防だろう。同志社大がこだわりを持ち、バックスの展開力を引き出す展開の要だ。

一方でフィジカリティに自信を持つ帝京大にとって、ブレイクダウンの制圧はV9時代からのお家芸。一歩も譲れぬプライドが激突する。

帝京大は11月の対抗戦で早稲田大を圧倒したスクラムも要注目だ。いずれにせよFW戦の優劣が試合展開に少なくない影響を与えるだろう。歓喜するのは同志社大の「紺グレ」ジャージーか、それとも帝京大の「深紅」ジャージーか――。

文:多羅 正崇

多羅正崇

多羅 正崇

スポーツライター。法政二高-法政大学でラグビー部に所属し、大学1年時にはU19日本代表候補に選出される。法政大学大学院日本文学専攻卒。現在は「ラグビーリパブリック」「Number web」等に記事を寄稿。≫Twitterアカウント ≫noteアカウント

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ