人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年11月14日

埼玉パナソニックワイルドナイツWTB竹山晃暉が語る 高校ラグビーの魅力&リーグワンへの想い

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

――それは悔しかったでしょうね。
「そのとき、ロビーさん(ディーンズヘッドコーチ)がそっと寄ってきて、『君があきらめずにリハビリに取り組んでくれたことはチームの強みになる。メンバーからは外れたけど、チームのためにありがとう』と言ってくださいました。それからナイツに入って、相手のコピーをしました。ワイルドとナイツの両方を経験できたことは僕にとって大きかったです。試合に出ることの責任も感じましたし、出られない選手の気持ちも胸に抱いて戦わないといけないと思いました」

――昨季のチームから同じポジションの福岡堅樹さんが抜けましたね。
「堅樹さんは僕にとって大きな存在でした。でも、プレーヤーとしてのキャラクターは異なる部分があるし、ファンの皆さんがパナソニックの試合を見たとき、堅樹さんが抜けて寂しいなと思われないように、WTBとして皆さんを魅了するプレーヤーになりたいと思っています」

――ご自身の特徴はどんなところですか。
「(トライの)嗅覚だと思います。堅樹さんはトライに持っていく力がありましたが、僕はトライが生まれるシーンを予測してポジショニングすることで勝負したい。そして、ボールのタッチ回数をどんどん増やしたいと思っています」

――リーグワンの開幕戦では、国立競技場でクボタスピアーズ船橋・東京ベイと対戦することになりますね。
「楽しみです。クボタはいいチームなので、いい準備をしてチームとしてひとつになって戦いたいですね。もちろん、優勝が目標ですが、そのためには『昨シーズンと一緒ではだめだ』とロビーさんから言われています。成長したシーズンを送るために各選手が準備しているところです」

――個人的な目標はありますか。
「昨シーズンは新人賞のタイトルをいただきました。その賞に満足することなく成長したいと思います。何かの賞を狙うというよりは、相手チームの脅威となって、勝利に貢献できるプレーヤーになりたいと思っています」

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ