人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年11月1日

【ハイライト動画あり】昨季日本一の天理大学が3連勝!立命館大もスクラム、モールで地力見せる。関西大学Aリーグ

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

立命館大ボールでキックオフされた試合は、序盤から天理大の守備が光った。

立命館大は武器であるラインアウトモール、工夫を凝らしたサインプレーでスコアを狙う。

しかし天理大は茨城・竹園高出身の2年生LO鄭がジャッカルを披露すれば、CTB高部が立命館大のCTB木田キャプテンの突破を許さぬディフェンスで、相手の反則を誘う。

この反則から右コーナーに侵入した天理大は前半11分、モールでは仕留めきれなかったものの、最後はHO佐藤キャプテンがもぐりこんで先制トライを奪った。

7点を追いかける立命館大もこだわりのある守備で強みを発揮。ビッグゲインを許しながらも大崩れせず、エリア外側でWTB藤井がジャッカル成功。一進一退の攻防を演じる。

しかし立命館大はラインアウトが不安定。天理大の競り合いもあり得点機で自軍ボールのラインアウトを確保できない。

すると天理大は前半26分、アドバンテージ状態でCTB間森がショートキック。快足のFB江本が再獲得して独走してチーム2トライ目。14-0とリードを広げた。

さらに前半35分にも1トライを追加した天理大に対して、立命館大の初得点は前半ロスタイムだった。

立命館大は一度は相手にターンオーバーを許しながらも、ふたたび得意の守備でターンオーバー。最後はFB安井拓馬が防御裏へグラバーキックを転がし、混戦からCTB木田キャプテンが捕球してトライラインへ。意地のトライでビハインドを14点(7-21)に縮めて後半へ向かった。

後半最初のトライは鮮やかだった。

天理大は敵陣でのラインアウトからLOモアラのピック&ゴーなどで防御を攪乱。PR高橋らが激しく身体を当て続け、CTB高部が鮮やかに突破。流麗なアタックからLOモアラがフィニッシュした。

リードをふたたび21点に広げた天理大は、さらにHO佐藤キャプテンが存在感発揮。後半16分にジャッカルを決めてチームを前進させると、正確なスローイングからラインアウトモールを形勢。最後は最後尾について自身でトライを決めた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ