人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年9月17日

同志社大学、春の王者として初戦の関西大学戦に挑む。ラグビー関西大学リーグ

ラグビーレポート by 同志社スポーツアトム編集局
  • Line

ハーフ団では、主将のSH(スクラムハーフ)田村が核となり、BK陣を率いる。SO(スタンドオフ)では、西村海音(3年)、嘉納一千(2年)の勢いのある選手が司令塔を担う姿も必見だ。

若手時代から同志社の最前線として活躍してきた選手達が集まる4年生。ラストイヤーを笑顔で終幕できるよう、万全の状態で決戦へ向かう。前回全国の舞台に立った2年前は、筑波大学に大差で敗れ敗退した。先輩方の悔しさを背負い、リベンジをかけて全身全霊で戦い抜く。

「僕らの目標は秋シーズンで関西優勝して、日本一が最終目標」(田村)。関西リーグはあくまで通過点。1年越しの大学選手権へ、夏を乗り越え奮い立った。

初戦に対するのは関西大学。春シーズンは70-19と快勝を見せた相手だけに好スタートを切りたい。春・秋優勝、その先の日本一を手にするべく、全員で「LINK」し、総力で同志社旋風を巻き起こせ。

文:松久莉万(同志社スポーツアトム編集局)

同志社スポーツアトム編集局

同志社スポーツアトム編集局

同志社スポーツアトム編集局は1978年に創刊された同志社大学唯一の体育会機関紙です。年6回の本紙の発行を軸に、号外の発行やHPの管理などをすべて学生の手で行っています。
公式サイト Twitter→@atom_doshisha

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ