人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年9月13日

大田尾ワセダ好発進。立教大から ルーキー宮尾の先制トライ含む12トライ

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

大田尾監督の仕込んだ攻撃は、グラウンドの横幅をいっぱいに使って選手を配置し、LOなどFWの選手がタッチライン際で走ったかと思えば、フィールド中央でNO8佐藤健次(1年)らがディフェンスを縦に切り裂き、SO吉村が防御背後へのキックでトライを演出するなど多彩だった。立教大は相手より早くディフェンス網をセットして戦おうとしたが、「相手のセットスピードに上回られた」(立教大PR麻生典宏キャプテン)という言葉通り、早大のスピードに翻弄されて、前に出る強いタックルができなかった。

早稲田大1年生NO8佐藤健次選手 ボールキャリーで存在感を発揮

終わってみれば、早大が前半7トライ、後半5トライを奪っての快勝。大田尾監督は「ファーストというテーマを掲げ、前半の早い時間にトライをとり、初めての公式戦出場選手も躍動してくれたことを嬉しく思います」と選手たちを称えた。しかし、CTB長田智希キャプテンは「ボールの動かし方は自分たちの形が作れていたのですが、その中でのミスはあった。日本一を目指すにはまだまだ足りないものがある」と反省点を口にした。

早大は3人の1年生が先発。スクラムの中心になったPR亀山昇太郎、卓越したボールキャリーで何度も前進したNO8佐藤、攻撃テンポを冷静なパスさばきでコントロールしSH宮尾が今後もチームの軸になり得る働きを見せた。特に宮尾のパスは、テンポが速いだけではなく正確で判断がいい。加えて読みの良いサポートコースで常にトライを狙っていた。今後もその動きからは目が離せない。活躍した選手名をあげればキリがないが、最優秀選手「プレイヤーオブザマッチ」には早大LO大崎(正しくは右上が「立」)哲徳(4年)が選ばれた。地面に転がったボールにいち早く飛び込んで確保するなど献身的な働きが光ったが、本人は「嬉しいのですが、FWとしても、チームとしても課題が多いです」と冷静に受け止めていた。

ノートライに終わった立教大は、コロナ禍で8月の夏合宿が中止になるなど、準備不足の面があり、組織ディフェンスにほころびが出た。しかし、後半の序盤からはボールをキープして攻め、大学からラグビーを始めたLO手塚一乃進(2年)がジャッカルで早大の反則を誘うなど最後まで粘るシーンも多かった。次節は中5日で明大と戦い、3節は帝京大と対戦するタフな日程だが、シーズンを戦いながら力を上げていくしかない。「目標の3勝を達成して、必ず大学選手権に出場したいです」。麻生キャプテンは力強く宣言した。

関東大学対抗戦2021

【ハイライト】 早稲田大学 vs. 立教大学

最後に高校ラグビーファンには嬉しい瞬間があったので付け加えておきたい。2021年1月9日に行われた全国高校大会決勝戦は桐蔭学園対京都成章だった。この日の早大NO8佐藤健次は桐蔭学園のキャプテン、立教大の先発SO中優人、交代出場のSH伊藤光希は桐蔭学園のHB団。早大SH宮尾昌典が京都成章のSHだった。昨季の高校大会決勝のキャプテンとHB団4人のうち3人が同時にプレーしたことになる。伊藤が宮尾に素早くプレッシャーをかけてノックオンを誘い、2人が何やら笑顔で言葉をかわす場面もあった。決勝戦からたった8カ月後に大学の公式戦で揃った1年生たちの姿に、頬がゆるんだファンは多かっただろう。

文:村上 晃一

村上晃一

村上 晃一

ラグビージャーナリスト。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。86年度、西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ