人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年9月7日

ラグビー関東大学対抗戦が開幕、8大学の指揮官による共同記者会見

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

FWはPR細木キャプテン、FL上山黎哉(4年)、昨年度ルーキーながら大活躍したHO江良颯、FL/NO8(ナンバーエイト)奥井章仁(ともに2年)、さらに今季加入したLO(ロック)/FL青木恵斗(桐蔭学園)、LO本橋拓馬(京都成章)も大きな戦力となるはずだ。岩出監督も「期待の大型新人の活躍と成長を期待ください」と話した。

筑波大学 嶋崎達也監督

昨年度5位の筑波大学、今季も上位チームからの勝利を狙っている。嶋崎達也監督は「強みにしたいのはディフェンス。そこからの攻守切り替えも強みにしたい」という。

9月12日(日)の開幕戦で帝京大学とぶつかる。嶋崎監督は「昨年度はフィジカルで圧倒されて、何もさせてもらえなかった。昨年度と同じことになったら、帝京さんと戦う土俵に立てない。そこ(フィジカル)をどう戦うか、リーダーと共有して取り組んでいます」と腕を撫した。

日本体育大学 湯浅直孝HC

昨年度6位だった日本体育大学。開幕戦は他の6チームより1週遅れて、9月18日(土)の慶應義塾大学戦だ。湯浅直孝HCは「いかに強豪校にチャレンジするかが、テーマです。気持ちを出しながら挑んでいきたい」と話した。日本体育大学といえば伝統的にランニングラグビーが代名詞。湯浅HCは「どの試合でもランニングラグビーを実現していきたい」とキッパリと言った。

立教大学 福田明久監督

昨年度、6年ぶりに対抗戦Aで勝利を挙げて7位となった立教大学。福田明久監督は「昨年度から11人が変わって若いチームです。どちらにしてもチャレンジャー。立教らしくひたむきさを出して、1対1のタックル、チームディフェンスを強みにしていきたい」と話した。

青山学院大学 清水孝哉監督

昨年度、7戦全敗で8位となった青山学院大学。コーチだった同校OBの清水孝哉監督が新たに就任した。清水監督は「1週間夏合宿ができて、試合もできて、凄く成長できた」とチームの進化を感じている。今季のチームの強みを聞くと、清水監督は「ファーストコンタクトのロータックルを強みにしていきたい」と語気を強めた。

明治大学が3連覇を達成するのか。それとも一昨年度の大学選手権王者である早稲田大学、大学選手権V9の実績を持つ帝京大学、タックルが強みの慶應義塾大学、「国立の雄」筑波大学などの強豪が頂点に立つのか。

強豪同士の対戦から目が離せない関東大学対抗戦。きっと、今年も最終節の12月4・5日までもつれることになろう。

文:斉藤健仁

斉藤健仁

斉藤 健仁

スポーツライター。1975年生まれ、千葉県柏市育ち。ラグビーと欧州サッカーを中心に取材・執筆。エディー・ジャパン全試合を現地で取材!ラグビー専門WEBマガジン「Rugby Japan 365」「高校生スポーツ」の記者も務める。学生時代に水泳、サッカー、テニス、ラグビー、スカッシュを経験。「エディー・ジョーンズ 4年間の軌跡」(ベースボール・マガジン社)、「ラグビー日本代表1301日間の回顧録」(カンゼン)など著書多数。≫Twitterアカウント

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ