人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年7月19日

【ハイライト動画あり】夏のセブンズ王者は5大会ぶり2度目の東海大大阪仰星。全国高校7人制ラグビー大会

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

前回優勝時のユニフォーム

カップトーナメントの決勝は國學院栃木と東海大大阪仰星の対戦となった。東海大大阪仰星の湯浅大智監督は「大会の歴史を知ること、そして、チャンピオンという自覚を持ってやってほしい、誇りを持って臨めばいい」と、2015年時に優勝した時のジャージーを着せて試合に臨ませた。

前半1分、東海大大阪仰星がボールをつないで、春名が先制トライを挙げると、3分、國學院栃木もエースの青柳潤之介がトライを返す。だが、東海大大阪仰星も力強さを見せて、薄田周希主将がトライを挙げて12-7で前半を折り返した。

國學院栃木、青柳のトライで3点差に詰めるも

後半は東海大大阪仰星が先にトライを奪ったが、ボールを動かした國學院栃木は、再び青柳がトライを挙げ、14-17と3点差に追い上げる。しかし、最後は東海大大阪仰星が攻撃を続けて相手にチャンスを与えず、そのままノーサイド。17-14で東海大大阪仰星が2015年以来、2度目となる夏のセブンズ王者に輝いた。

ノーサイドの瞬間

湯浅監督は「トップを目指してきたので、嬉しいの一言。真面目でハードワークできる選手が多いので信頼はありますが、7人制は遊び心というか、ボールゲームを楽しむ観点も必要なので、見ている人にワクワクするように、ボールをつながるラグビーをしようね、と話しをしました。ディフェンス、1人1人のタックルと責任をまっとうした」と選手たちを讃えた。

薄田主将は「高校生の7人制は決勝の14分で最後なので、倒れても失っても倒れても走り切ろうと思っていました。フィジカルで前に出て、スペースをランで突く強みが出せた。勝ち切ったことは自信になりました」と胸を張った。

MVPとなった東海大大阪仰星の御池

3日間で6トライを挙げて、カップトーナメントのMVPに輝いた御池蓮二は「自分たちがすべきことにフォーカスしてタイトルが取れました。(MVPは)すごく嬉しいですが、チームメイトのおかげです。アウト(ステップ)にこだわろうと思ってやることができた」と破顔した。

また、予選プールの2位チームが出場する「プレートトーナメント」では流通経済大柏(千葉)が、仙台育英(宮城)を26-19で下して優勝し、プレートトーナメントのMVPには流通経済大柏の蓬田雄が選ばれた。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ