人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年7月11日

前半は欧州ドリームチーム「B&Iライオンズ」相手に同点!後半に規律を乱してシャークス無念

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

モールを防ぎ切ったB&Iライオンズは自陣からボールを保持して攻撃を続け、最後はこの日チーム最多146メーターのWTBワトソンが独力でライン突破。約60メートルを走りきり、ダメ押しのトライを奪った。

最後は40点差(71-31)と突き放し、フルタイム。

相手のレッドカードを転機として、後半に盛り返したB&Iライオンズ。

ウォーレン・ガットランドHC(ヘッドコーチ)は「(前戦より)タフな試合になりました。私たちは自分達の問題からいくつかのターンオーバーとインターセプトを与えて苦しみました。フォワードの努力もあり、いくつか良いトライもありました」と振り返った。

またライン突破を量産したバックスリ-(WTBファンデルメルヴァ、WTBワトソン、FBウィリアムズ)について、ガットランドHCは「ファンデルメルヴァは素晴らしく、ワトソンも素晴らしかった。ウィリアムズも良かった」と評価。南アフリカ代表との3連戦へ向けたセレクションへの好影響を示唆していた。

ツアー3連勝となったB&Iライオンズの次戦は7月14日(水)。ケープタウンで南アフリカAと激突する。

文:多羅 正崇

多羅正崇

多羅 正崇

スポーツライター。法政二高-法政大学でラグビー部に所属し、大学1年時にはU19日本代表候補に選出される。法政大学大学院日本文学専攻卒。現在は「ラグビーリパブリック」「Number web」等に記事を寄稿。≫Twitterアカウント ≫noteアカウント

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ