人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年7月11日

前半は欧州ドリームチーム「B&Iライオンズ」相手に同点!後半に規律を乱してシャークス無念

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

ラグビー ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ2021 南アフリカ遠征

【ハイライト】シャークス vs. B&Iライオンズ(2021年7月10日)

シャークスは直後にWTBファンデルメルヴァにトライを許すが、前半35分には、ふたたびミスボールの捕球からの速攻で、FBボルミンクがこの日2トライ目。前半のB&Iライオンズのハンドリングエラーは7つ(シャークスは2つ)だった。

B&IライオンズはFLタイグ・バーン(アイルランド)のピック&ゴーでトライを返すが、前半は26-26の同点。シャークスの鋭い出足の守備、決定力が目立った前半となった。

転機は後半4分のレッドカードだった。

前半にトライも決めたシャークスのSHヘンドリクスが、混戦の中でFBリーアム・ウィリアムズ(ウェールズ)の頭部にヒジで打撃。1発退場の判定で14人となり、不要な非紳士的行為で勢いを台無しにしてしまう。

するとB&Iライオンズは後半7分にラインアウトモール、同11分には敵陣でのクイックスローインから連続トライ。

シャークスもLOライオネル・ヒューゴのキックチャージから、2013年よりブリッツボッカ(南アフリカ7人制代表)として活躍してきたCTBワーナー・コックが左隅にトライ。またもや相手のミスをトライに繋げてみせ、ビハインドを7点(31-38)に縮めた。

しかしシャークスの得点はここまで。

B&Iライオンズは後半15分にゲーム主将のHOジョージ、同18分にWTBアンソニー・ワトソン(イングランド)がトライ。敵陣に入ると必ずスコアする精度を見せ、リードを21点差(52-31)に。

後半23分には敵陣スクラムから3フェーズ目でNo.8ジャック・コナン(アイルランド)がインゴールを奪い、同26分には自陣からワイドに振り続け、WTBワトソンの突破をフォローしていたFLトム・カリー(イングランド)がトライ奪取。

シャークスは終盤、7人のフォワードで再三のモール攻撃。後半35分には途中出場のSHコーナー・マレー(アイルランド)がシンビンとなり14対14になるものの、ここはB&Iライオンズの粘り勝ち。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ