人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年7月9日

キックオフ直前に8人を入れ替える緊急事態の中、B&Iライオンズが8トライを挙げシャークスに完勝

ラグビーレポート by 直江 光信
  • Line

ラグビー ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ2021 南アフリカ遠征

【ハイライト】シャークス vs. B&Iライオンズ(2021年7月7日)

その後しばらくスコアが停滞する時間もあったものの、きっちり体を当ててシャークスの勢いあるアタックに立ちはだかると、26分、SOファレルの防御裏へのキックをチェイスしたWTBファンデルメルヴァが左隅にトライ。38分にはゴール前のラインアウトからモールを押し込み、CTBバンディ・アキがピック&ゴーで鋭く前に出てゴールラインを越える。26-0とリードを拡大して前半を折り返した。

いくつか好機を作りながらも仕留めきれない場面が続いたシャークスだったが、50分にようやく得点を刻む。この試合で再三好走を見せた2016年リオ五輪出場の元7人制南アフリカ代表、WTBヴェルナー・コックの仕掛けから右大外を崩し、最後はサポートから抜け出したFLジェームズ・フェンターが右中間にトライ。しかしここでB&Iライオンズは連戦の疲れが浮かび始めた選手たちに替えてフレッシュレッグを投入し、相手側へ傾きかけた流れをふたたび引き寄せる。

56分、シャークスのターンオーバーしたボールがこぼれたところへFBアダムスがすばやく反応し、左中間に押さえて追加点を挙げると、60分にはキックレシーブの切り返しからWTBリースザミットが約60メートルを走りきって突き放す。さらに73分にWTBファンデルメルヴァ、77分にはFBアダムスが、それぞれこの試合3本目となるトライを奪取。最終的に54-7まで得点差を広げてフィニッシュした。

「(20時キックオフの試合で)18時までスタッフと選手がホテルの部屋にとどまらなければならかったのだから、現実離れした状況だったし本当のチャレンジだった。17時30分まで検査の結果がわからず、そこからいくつかのメンバー変更を余儀なくされたが、そんな状況でもしっかりアジャストした選手たちのパフォーマンスと、スタッフ陣のハードワークを誇りに思う」

B&Iライオンズのウォーレン・ガットランド監督の試合後のコメントだ。当初の予定とは大幅に異なる布陣、短期間の連戦で万全とはほど遠いコンディションでも、選手たちは最大限の力を発揮してライオンズの“格”を示した。8トライを挙げたアタックの連携も見事だったが、何よりプライドを感じさせたのが、接点で体を当てる高い意識とディフェンス時の集中力だ。シャークスの能力あるランナーにライン防御を破られる場面はあったが、懸命のカバーリングと骨惜しみしないレッグドライブでピンチを再三しのぎきった。ガットランド監督も「守備面が大きく改善された」と手応えを口にしている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ