人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年7月4日

【ハイライト動画あり】ラグビー日本代表、アイルランドに惜敗も田村優の技ありトライほか観客を魅了

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

直後の攻防で、日本代表は前に出るディフェンスでプレッシャーをかけ、こぼれ球をフィフィタが拾って前に出る。SH齋藤直人が誰もいない防御背後にキックを蹴ったが、これがぎりぎりダイレクトタッチ。判断は良く、アイルランドのゴールライン方向に転がっていれば、大きくチャンスが広がるプレーだっただけに残念。齋藤も試合後「自分のダイレクトタッチで流れを持っていかれた」と悔やんだ。直後、日本代表は反則を犯して自陣深く入られ、ラインアウトからの連続攻撃でFLジョシュ・ファンデルフレイヤーにトライを奪われる。

後半11分には、FB松島幸太朗が負傷退場。さらに1トライを追加され、24-33とリードされた日本代表は、17分、マシレワのカウンターアタックから齋藤がトライを返して、31-33と2点差に迫ったが、その後は失速。交代選手もペースを上げることができず、2本のPGで突き放された。姫野、松島を怪我で欠くというアクシデントの中で粘りを見せたが、後半の反則数はアイルランドの1に対して、日本は7。ボール保持時間はアイルランドが55%、テリトリーも62%と、後半はとくに自陣で守る時間が多くなった。また、試合を通して密集周辺のディフェンスの甘さをアイルランドSHジェイミソン・ギブソンパークに突かれていた。

最優秀選手に選ばれたアイルランドのファンデルフレイヤーは、「勝ててほっとしている」と話したが、その言葉通り、アイルランドにとっては日本代表の素早い攻撃に苦しみながらも、なんとか面目を保った勝利だった。アイルランドは、現在、南アフリカ遠征中のブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズに主力7名(選出は8名も負傷で1名離脱)を送り出し、負傷者、休養者など10名以上の主力がいなかった。しかし、2017年6月に来日したアイルランドも、ライオンズのニュージーランド遠征で主力はいなかった。それでも日本代表は22-50、13-35で連敗している。

ラグビー日本代表 テストマッチ2021

【ハイライト】アイルランド vs. 日本|ラグビー日本代表 テストマッチ2021

以降4年で日本代表は長足の進歩を遂げた。スクラムも安定し、意図的な攻撃でチャンスを作っていた。今の日本代表に「善戦」という言葉を使う必要はなくなった。この日は、強豪国同士の戦いで、勝つチャンスを逃した。「勝てる試合に負けてしまった。いいプレーはあったが、遂行力が足りなかった。この試合から学んで、2023年に向かっていきたい」とリーチキャプテン。ラグビーワールドカップ2023でのベスト8以上の成績に向かって何をすべきか、多くの材料を得たツアー2試合だった。

文:村上 晃一

村上晃一

村上 晃一

ラグビージャーナリスト。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。86年度、西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ