人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年6月4日

明治大学、勝ちながら成長するチームに。ラグビー関東大学春季大会 東海大学戦プレビュー

ラグビーレポート by 明大スポーツ新聞部
  • Line

ラグビー関東大学春季大会2021 Aグループ

【ハイライト】明治大学 vs. 流通経済大学

児玉、左FL(フランカー)森山雄太(商2=東福岡)がそれぞれトライを挙げ、前半を35-17で折り返す。後半には6本のトライを決め、流経大を大きく突き放し、最終スコアは68-29。開幕連勝を飾った。

流経大戦で掲げたテーマは『チャレンジ』。日大戦で課題として挙げられていた部分だ。「きつい試合だったと思うが、それ以上に相手がきつい試合だったと思う」(田中監督)。速いテンポで攻撃を仕掛けていくなど『チャレンジ』というテーマをチーム全体で体現したゲームとなった。

春季大会最終戦となる次戦の相手は東海大学。FLジョーンズ・リチャード剛 主将を中心とした、FW(フォワード)のセットプレーを強みにしており、春季大会の初戦・早稲田大学との対戦では、後半に突き放し快勝したチームだ。

BK(バックス)ではSO武藤ゆらぎ、CTB丸山凜太朗の2人の強力なゲームメーカーに注目。そのほかにも東海大相模で主将を務めたHO(フッカー)土一海人、ジュニアジャパンに選出経験のあるLO(ロック)小池隆成など有力選手が多数在籍している。点の取り合いが予想されるが、明大のアタック力がどこまで上回れるかに注目だ。

箸本龍雅(令3商卒・現サントリーサンゴリアス)や、山沢京平(令3政経卒・現パナソニックワイルドナイツ)など黄金世代とも呼ばれた学年が抜けた明大。今年度は経験豊富な選手が少ない分、全員がラグビーに対しての理解度を深め差がないチームを目指す。

「ラグビーに真摯(しんし)に向き合って、ひたむきに泥くさく、ある意味で明治らしくないようなチームにしていきたい」(飯沼)。飯沼組が築き上げていく新生・明大から目が離せない。

文:宇野萌香/写真:田中佑太(明大スポーツ新聞部)

代替画像

明大スポーツ新聞部

1953年(昭和28年)創部。現在明治大学において唯一の学生新聞部。明治大学体育会43部の競技成績や、学内外の話題を幅広く紙面・WEBサイト上にて掲載、発信。 現在の部員数は56名。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ