人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年6月9日

ラグビーワールドカップ2023へ 新生JAPAN始動 ジェイミー・ジョセフヘッドコーチの想い

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

──ガットランドHCは日本代表に対してどんな攻撃を仕掛けてくると思いますか。
「セットピース(スクラム)を軸に攻撃を仕掛けてくると思います。彼らも私たち同様、時間がありません。彼らの強みを生かしてプレーしてくるでしょう。スクラムでペナルティーを誘ったり、モールで圧力をかけてきたり、陣地を進め、22mラインの中に入ったところでいろいろなアタックを仕掛けてくるでしょう」

ジェイミー・ジョセフ日本代表ヘッドコーチ

──日本代表はどの部分でライオンズに優っていきたいと考えていますか。
「強豪国と戦うときはいつもそうですが、サイズ、フィジカリティー、経験の差があり、こちらが先手を取って仕掛けなければいけません。自分達でチャンスを作り出し、スキを与えないこと。そうすればチャンスが来るでしょう。勝つとしたら大きな差は開かないということは過去にも証明されています。どうプレーするか、まだコーチ陣と話していませんが、最初のフォーカスはチームを結束させることです。そして、明確なゲームプランを選手に落とし込んでいきたいと思います」

──ライオンズ戦の前にサンウルブズと戦いますが、どんな試合をしたいですか。
「これまで長い間活動できなかったチームが、10日間の合宿で試合をするというのは通常はあり得ないことです。キャンプで落とし込んだことが、試合で見られるかどうかの確認と、選手に違うポジションをプレーさせて試してみたいと考えています」

──福岡堅樹が最後のトップリーグで卓越したパフォーマンスを見せました。引き止めたくなったのではないですか。ポスト福岡のことはどう考えていますか。
「非常に質の高いプレーヤーで、人間的にも素晴らしい。大きな財産を失いましたが、彼の判断を尊重し、応援しています。候補選手にはいろいろなタイプがいます。大きなサイズのチームと戦う時は、違うタイプの選手も選ばなくてはいけない。シオサイア・フィフィタは身体も大きい、スキルセットもある。福岡、松島とは違うタイプの選手です。他にも若い選手がたくさんいます。そういう選手も見ていきたいと思っています」

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ