人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年5月18日

【ハイライト動画あり】帝京大学、好スタートも「まだまだ甘い部分がある」と細木主将。ラグビー関東大学春季大会

ラグビーレポート by 帝京スポーツ新聞部
  • Line

ラグビー関東大学春季大会2021 Bグループ

【ハイライト】帝京大学 vs. 大東文化大学

しかし、エンジン全開の帝京大も攻撃の手を休めることはない。後半22分、SH(スクラムハーフ)谷中樹平(3年=御所実)のキックを白國がキャッチしてインゴールで押さえる。

そして後半38分、帝京大は敵陣での相手スクラムを押し込み右展開。SO小村真也(1年=ハミルトンボーイズ)が、キレキレのステップでディフェンスを次々かわしながらトライ。小村真はそのままゴールも決めて敵を圧倒する。

後半44分、帝京大が連続攻撃で敵陣ゴール前へ帝京大は速攻を仕掛け、パスを受けたWTB人見太基(4年=伏見工)がトライし、ここでノーサイド。57-7で帝京大の勝利。

57点を奪い大勝

「肩を当ててディフェンスがしっかりできたのが勝因だと思います」。そう語るのはMOM(マンオブザマッチ)に選ばれた奥井だ。奥井は果敢に攻め込み、ビックゲインでチームを勝利へと導いた。チームのテーマを「ディフェンス」としており、1on1にフォーカスを当てた練習をしてきた成果を遺憾なく発揮した。

また、新主将のPR細木康太郎(4年=桐蔭学園)は次戦に向けて「勝利という形で終われたが、まだまだ甘い部分が沢山あったので、そこを修正して更に良いチームにしていきたい」と謙虚に語った。

好スタートを切った帝京大の次戦は中央大学。中央大は展開ラグビーだけでなく、多彩な攻撃をするチームだ。そんな中央大にどのようにアプローチをしていくのか期待がかかる。

文/写真:亀ヶ谷沙希(帝京スポーツ新聞部)

代替画像

帝京スポーツ新聞部

1996年創刊。帝京大学体育局所属の公認クラブにして唯一の学生新聞。ラグビー部をはじめ、柔道部、空手部、野球部など帝京大体育局の情報を年4回の発行で熱く伝える。現在部員13名で活動。 Twitter @teikyo_sports

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ