人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年4月22日

8強進出をめざす名門同士!東芝、リコーがプレーオフ2回戦で激突

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

宗像サニックス戦では相手NO8の懐からボールをもぎ取るなど守備でも貢献。日本代表のリーチをして「間違いなく日本で一番タフなスクラムハーフ。絶対日本代表のジャージーを着てプレーしてほしい」と言わしめる。

両センターは東芝らしく厳しいプレーができるフィジカル自慢の2人。ビッグタックルでも魅せるジョニー・ファアウリ、指揮官が率いたNZクルセイダーズのフィニッシャーだったセタ・タマニバル

そして、21年度の日本代表候補に選ばれた摂南大卒のWTBジョネ・ナイカブラは、ブレイクダウンでも激しいWTB桑山聖生と両翼につく。

見どころの一つはFW戦、特にモールの攻防は注目だろう。リコーは前節日野戦などモールが大きな武器のひとつになっている。FW戦にプライドを持つ東芝は望むところに違いない。

リコーはBIGGAを80分徹底して運動量で上回りたいところ。消耗度を調整可能なゲームコントローラーは腕の見せどころだ。

名門同士の激突となった「東芝ブレイブルーパス×リコーブラックラムズ」は4月24日(土)午前11:45よりJ SPORTS 1で生放送、J SPORTSオンデマンド限定でLIVE配信される。

ラスト・トップリーグに懸ける名門同士の対決。生き残るのはどちらか。

文:多羅 正崇

多羅正崇

多羅 正崇

スポーツライター。法政二高-法政大学でラグビー部に所属し、大学1年時にはU19日本代表候補に選出される。法政大学大学院日本文学専攻卒。現在は「ラグビーリパブリック」「Number web」等に記事を寄稿。≫Twitterアカウント ≫noteアカウント

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ