人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年4月22日

チームの垣根を越えた仲良し対談テキ×トモ!『やんちゃな次男』ヤマハ・五郎丸歩選手が『真面目な末っ子』クボタ・立川理道選手に伝えたいメッセージとは…?

ラグビーレポート by J SPORTS 編集部
  • Line

――五郎丸選手の引退に向けて思う事は。

五郎丸「引退をする前には廣瀬さんに連絡をして、『そっち側に行くんでよろしくお願いします』みたいな感じで話していました。多方面で活躍されてる姿は本当に兄貴だなって感じですね。ハルにはまだまだ現役を続けて欲しいですし、僕と廣瀬さんは立川のプレーを見ながら週末にビールを飲んで『あーでもないこーでもない』って言うのを楽しみにしてます(笑)彼はまだまだやり残した事や、やらなくちゃいけない事が多くあると思いますから、本当に頑張って欲しいですし、何か自分が力になれる事があれば何でもサポートして行きたいなと思います。」

立川「引退の前に試合で当たれたら光栄ですし嬉しいですよね。
引退を表明されてからもそうですけど、一貫性を持ってプレーされているように思います。メンバーに入ったり入らなかったり、どんな状況であっても常にチームの事を考えている感じがするので、五郎さんらしいなと思いました。
これまで本当に日本ラグビーに貢献されて来た方なので、しっかり引退セレモニーみたいな物もしてあげたいなと思っています。みんなの大きなセレモニーとは別に、3人で祝いたいなとも思いますね。」

――ラグビー人生において「友達」とはどういう存在でしたか。

五郎丸「どうでしょうね。“戦友”って感じですかね。代表もそうだし、ヤマハもそうだし、色んなジャージを着てチームのために戦う。ラグビーっていうのは身体を張って戦うスポーツなので、友達っていうより戦友って感じです。やっぱりどこか気持ちに浮き沈みがありますし、試合中も、試合に向かうまでの準備の間も、気持ちが落ちてしまう事もあったりしますけど、色んな選手達の背中を見てると『あぁ、自分もまだまだやらなきゃいけないな』という気持ちになったりします。そういった意味では本当に皆に励まされて、ここまでやって来れたなという感じがしますね。」

――最後、お互いに向けてメッセージをお願いします。

五郎丸「ハルは2015年を共に戦った戦友ですけども、本当にプライベートでも仲良く、弟のような存在として共に戦って来れた事を嬉しく思います。今年私は引退しますが、ハルはまだまだラグビーを続けて貰って、次世代の選手達に夢や希望を与えて欲しいです。
自分の力を出し切って、苦しくなったら僕と廣瀬さんの元へ帰って来て下さい。
ラグビー人生の中でハルに出会えた事は、僕にとって本当に嬉しい事でした。
今後も仲良くやって行きましょう。」

立川「五郎さんとは2015年ワールドカップを一緒に戦えて凄く光栄でした。そこで五郎さんがメディアだったり、大変な仕事を一気に引き受けてくれて、日本ラグビーは凄く大きな物に変わったと思います。沢山の物を五郎さんが背負ってくれて、とても感謝していますし、そういう姿を2019年戦った選手達が見ていた中で、あの結果が出たと思います。僕自身もそういう選手になりたいと思って今頑張っています。五郎さんのような選手になれるように、少しでも長く現役を続けたいなと思います。
引退後は釣り番組ばっかり狙わないでラグビーの普及もよろしくお願いします(笑)」

J SPORTS 放送情報

先に引退をした廣瀬選手も含め、育んで来た3兄弟の絆。立場は少しずつ変わっても、それぞれ自分にしか出来ない道に進んで行く姿は重なる物がありました。果たしてプレーオフで2人の対戦は実現するのか!?是非お楽しみに!

文:J SPORTS 編集部

J SPORTS編集部

J SPORTS 編集部

 

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ