人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年4月5日

冬の花園が待ち遠しい。高校ラグビー、今シーズンの主役たち

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

第22回全国高校選抜ラグビー大会 決勝

【ハイライト】桐蔭学園 vs. 東福岡

もう1人、大阪桐蔭のキャプテンの河村ノエル(3年)も攻守でチームを牽引した姿が印象的だった。

13番のアウトサイドCTBは東福岡の平翔太(3年)を挙げたい。もともと縦への突破力に長けた選手で、昨年度の花園でも存在感を示していた。時折、キックを交えるプレーを見せるなど成長を見せた。

大分東明CTBナブラギ

他にも1回戦でハットトリックを達成した東海大大阪仰星の中俊一朗(3年)、敗者戦の秋田工業(秋田)戦で4トライを挙げた大分東明(大分)のナブラギ・エロニ(2年)も存在感を示した。

最後にバックスリーを見ていきたい。WTBの1人目は、文句なしに東福岡の遠藤亮真(3年)だ。決勝ではそのスピードとステップで2トライを挙げる活躍だけでなく、ピンチには相手のパスコースに入ってインターセプトも成功させた。

もう1人、存在感を示したのは桐蔭学園の森田翔大(3年)。スピードのあるしなやかなランで準々決勝では2トライを挙げて勝利に貢献した。

桐蔭学園FB矢崎はまだ2年生

FBも文句なしに、昨年度の花園で1年生ながら優秀選手賞に選ばれた桐蔭学園の矢崎由高(2年)の名を挙げたい。瞬発力、そしてストライドの大きなランでスペースがあれば何度もゲインを繰り返し、決勝では後半2トライを挙げた。今季も桐蔭学園のエースとして躍動しそうだ。

他にも石見智翠館(島根)のキャプテン上ノ坊駿介(3年)もキックとランで後方からチームを支えた。

やはり、圧倒的な攻撃力で他を圧倒して優勝した東福岡の選手のプレーぶりが目立った大会となった。ただ、冬の花園まで9ヶ月ほどあり、新たな1年生も入部してくる。冬の花園で、選抜で活躍した選手がどんな成長を遂げるのかと同時に、また新しい選手の台頭も楽しみに待ちたい。

文/写真:斉藤健仁

斉藤健仁

斉藤 健仁

スポーツライター。1975年生まれ、千葉県柏市育ち。ラグビーと欧州サッカーを中心に取材・執筆。エディー・ジャパン全試合を現地で取材!ラグビー専門WEBマガジン「Rugby Japan 365」「高校生スポーツ」の記者も務める。学生時代に水泳、サッカー、テニス、ラグビー、スカッシュを経験。「エディー・ジョーンズ 4年間の軌跡」(ベースボール・マガジン社)、「ラグビー日本代表1301日間の回顧録」(カンゼン)など著書多数。≫Twitterアカウント

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ