人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年4月4日

【ハイライト動画あり】サントリー、激戦となったクボタとの全勝対決に勝利。トップリーグ第6節

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

本来のポジションであるCTBで躍動したサントリーの中野

ジャパンラグビートップリーグは、4月3日(土)4日(日)に第6節を迎え、3日(土)東京・秩父宮ラグビー場では、2017-18シーズン以来の王者を目指すレッドカンファレンス首位のサントリーサンゴリアスと、初優勝を目指す2位のクボタスピアーズの全勝同士が激突、試合は最後まで白熱した展開となった。

サントリーは前節、負けなしだったトヨタ自動車と対戦し、39-36と接戦を制して5連勝。勝ち点25として首位に立っている。

先発はトヨタ自動車戦から、負傷したNO8(ナンバーエイト)テビタ・タタフが欠場し、先週はFL(フランカー)に入っていたショーン・マクマーンがNO8に回るなど、FW(フォワード)4名を変更した。

BK(バックス)は日本代表SH(スクラムハーフ)流大、現在得点ランクトップのオールブラックスSO(スタンドオフ)ボーデン・バレット、キャプテンのCTB(センター)中村亮土、9トライを挙げてトライランク首位タイのWTB(ウィング)テビタ・リーらが引き続き先発した。

対するクボタは、前節は三菱重工相模原を32-17で退け、開幕からチーム初となる5連勝で、勝ち点23。勝ち点「2」の差でサントリーを追って2位につけている。

クボタは三菱重工相模原戦から、FW2名の先発を変更した。それでも現役南アフリカ代表HO(フッカー)マルコム・マークス、LO(ロック)ルアン・ボタ、FLピーター・ラピース・ラブスカフニら、強力なメンバーが並んだ。

BKも前節MOM(マン・オブ・ザ・マッチ)のSH井上大介と、SOバーナード・フォーリーのハーフ団、CTBはキャプテン立川理道、WTBには山崎洋之とゲラード・ファンデンヒーファー、FB金秀隆らが先発。

4月に入部、最速デビューを果たしたクボタSH藤原

さらに、昨年度の大学選手権で優勝し、3月に天理大学を卒業したばかりのルーキーSH藤原忍がリザーブに名を連ね、トップリーグ初出場をうかがった。

サントリーがレッドカンファレンス1位を決めるか、それともクボタが2004年度以来、3度目となるサントリー戦勝利となるのか。快晴の東京・秩父宮ラグビー場で、8,747人の観客が見守る中、午後2:00にキックオフされた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ