人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年3月30日

松島幸太朗のクレルモンはワスプスと対戦。ハイネケン・チャンピオンズカップ注目チーム紹介

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

ハイネケン・チャンピオンズカップ再開直前J SPORTS独占インタビュー

松島幸太朗×大西将太郎

ユース組織の育成に定評があり、多くのフランス代表選手を輩出していることでも知られる。正式契約にはならなかったが、2002年には元日本代表WTB(ウィング)大畑大介も練習生として在籍していたことでも有名だ。

2006年から14年まで、現フィジー代表HC(ヘッドコーチ)を務める、ニュージーランド出身のヴァーン・コッターが指揮を執り、2010年に「TOP14」で悲願の初優勝を果たした。2014−15シーズンからBK(バックス)コーチだったフランク・アゼマが指揮官へ昇格した。国内では過去10シーズンで4回決勝に進出し、2度の優勝を果たしている。チャンピオンズカップでも3度の決勝に進出している。

2018-19シーズンは、チャンピオンズカップの下のカテゴリーである「チャレンジカップ」で初の欧州タイトルを獲得した。ここ数シーズンはあまり良い成績を残せていないが、松島だけでなく、キャプテンのSO(スタンドオフ)カミーユ・ロペス、WTB(ウィング)アリベルティ・ラカダミアン・プノーら、フランス代表経験のある選手も多く、今季こそ決勝の壁を打ち破って、欧州王者の座を勝ち取りたい。

ワスプス(イングランド)

ワスプス

◆主な成績
・プレミアシップ:優勝5回(1989-90、1996-97、2002-03、2003-04、2004-05)
・欧州王者:2回(2003-04、2006-07)

◆過去のハイネケン・チャンピオンズカップの結果
・2019-20:
・2018-19:プール戦敗退
・2017-18:プール戦敗退
・2016-17:ベスト8
・2015-16:ベスト4

イングランドの自動車産業の街として知られるコヴェントリーを本拠とするクラブで、2014年からホームをロンドンからコヴェントリーに移した。2003-04シーズン、2006-07シーズンに2度欧州王座に輝いている。1866年にロンドンにあったハムステッドFCが、ハレクインズに変わったときに分裂、脱退したメンバーで翌1867年に結成された。ホームは3万2500人収容の「リコー・アリーナ」を使用する。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ