人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年3月28日

桐蔭学園、大阪桐蔭、東海大大阪仰星、東福岡、ベスト4出揃う。全国高校選抜ラグビー大会準々決勝

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

第22回全国高校選抜ラグビー大会 準々決勝

【ハイライト】石見智翠館vs.東海大大阪仰星

後半、相手のハイパントキックにも落ち着いて対応した東海大大阪仰星はディフェンスでプレッシャーを与えてチャンスを作り、12分、24分と主将FL(フランカー)薄田周希、FL大原功泰(ともに2年)がそれぞれトライを挙げ、14-3で勝利した。

最後までディフェンスが乱れなかった東海大大阪仰星の薄田主将は「フィットネスは日頃の練習からやっているので最後まで走り切れた」と胸を張った。

4試合目は東福岡(福岡)と佐賀工業(佐賀)の対戦。毎年、九州王者を争っている強豪同士が激突した。

東福岡NO8蔵森のトライ

試合は選抜最多、優勝5回を誇る東福岡が前半からボールを大きく動かして試合を優位に進める。前半5分、キックを上手く使いWTB(ウィング)遠藤亮真(2年)がトライ。さらに8分にはボールを動かしてNO8蔵森晟(2年)がトライを挙げ、12-0とリードする。

その後もゲームキャプテンSO(スタンドオフ)楢本幹志朗(2年)を中心に攻め続けて3トライを加え、守っても相手を零封に抑え、36-0で快勝した。

準決勝の対戦相手は、今年1月の花園の準々決勝で18分のロスタイムの末、引き分けた東海大大阪仰星となった。その試合にも司令塔として出場していたSO楢本は「特別な思いがあります。楽しみでもありますし、悔しい気持ちもあります。(明日は)ロスタイムになる前に勝ちます」と意気込んだ。

◆3月28日(日)準々決勝結果

●天理(奈良)12-24 桐蔭学園(神奈川)◯
●常翔学園(大阪)22-33 大阪桐蔭(大阪)◯
●石見智翠館(島根)3-14 東海大大阪仰星(大阪)◯
◯東福岡(福岡)36-0 佐賀工業(佐賀)●

3月29日(月)は準決勝2試合が行われる。11:00からの第1試合は花園の再戦となる東海大大阪仰星(大阪)vs.東福岡(福岡)、12:30からの第2試合は近年、全国大会でしのぎを削っている桐蔭学園(神奈川)vs.大阪桐蔭(大阪)の「桐蔭対決」となった。

◆3月29日(月)準決勝

・11:00 東海大大阪仰星(大阪)vs.東福岡(福岡)
・12:30 桐蔭学園(神奈川)vs.大阪桐蔭(大阪)

文/写真:斉藤健仁

斉藤健仁

斉藤 健仁

スポーツライター。1975年生まれ、千葉県柏市育ち。ラグビーと欧州サッカーを中心に取材・執筆。エディー・ジャパン全試合を現地で取材!ラグビー専門WEBマガジン「Rugby Japan 365」「高校生スポーツ」の記者も務める。学生時代に水泳、サッカー、テニス、ラグビー、スカッシュを経験。「エディー・ジョーンズ 4年間の軌跡」(ベースボール・マガジン社)、「ラグビー日本代表1301日間の回顧録」(カンゼン)など著書多数。≫Twitterアカウント

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ