人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年3月7日

熱闘ダービーマッチ!クボタがライバル対決を制して開幕3連勝!トップリーグ2021

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

途中出場で2年目の山口達也をフッカーに据えたスクラムで、ヒットから優勢となってスクラムトライ。FLリアム・ギルが押さえて歓喜を味わい、ゴール成功でビハインドを12点(17-29)に縮めた。

しかしクボタは失トライの3分後、悪いムードを断ち切った。

ふたたび相手の自陣脱出を防いだクボタは、敵陣右のラインアウトから、この日MOM(マン・オブ・ザ・マッチ)に輝いたHOマークスがサインプレーから突破。

SH井上大介の絶妙なテンポ・コントロールにより相手のオフサイドを引き出すと、この日が先発デビューとなった早大卒のSO岸岡が、思い切って約30mのロングパスを選択。

これが花園大卒のWTBタウモハパイホネティに繋がり、左隅にハットトリックを決めて5点追加(ゴールキック失敗)。

ラストパスを放り、80分間出場を果たしたSO岸岡について、19年W杯NZ代表のCTBクロッティは試合後にお墨付きを与えていた。

「スキルセットも高く、大卒一年目でこれだけできる。才能があるのでもっと高いレベルを目指せる」(クボタ・CTBクロッティ)

後半31分、そのWTBタウモハパイがレイトタックルで退場となり、終盤に1トライを返されるが、14人で約10分間を守り切ってクボタが開幕3連勝。勝ち点4を積み上げた。

1勝2敗となったNTTコムの指揮官、元南アフリカ代表フルバックであるリースエドワードHCは「結果に対して残念というより、自分達の内容について納得がいかない部分がある」語った。

「ここ数年で一番調子が悪かったと思います。それにも関わらず10点差に抑えることができたことはポジティブ。小さなミスからボールの保持権を失っており、そこを大事にすることで自分達のラグビーができるようになると思います」

NTTコムは次戦の三菱重工相模原戦で今季2勝目を狙う。

開幕3連勝となったクボタ。16年度よりHCを務めているルディケ氏は「勝てたことはハッピー。前後半、80分間コントロールできました。スマートにプレーし、ポゼッションと判断が良かったので勝つことができました」と勝因を語った。

クボタは次戦、開幕4連勝をかけてHondaと対決する。好調クボタの戦いぶりもトップリーグ2021の見どころになりそうだ。

文:多羅 正崇

多羅正崇

多羅 正崇

スポーツライター。法政二高-法政大学でラグビー部に所属し、大学1年時にはU19日本代表候補に選出される。法政大学大学院日本文学専攻卒。現在は「ラグビーリパブリック」「Number web」等に記事を寄稿。≫Twitterアカウント ≫noteアカウント

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ