人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年2月21日

【ハイライト動画あり】トヨタ自動車、東芝の反撃をかわし開幕戦勝利。マイケル・フーパーがトップリーグデビュー

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

2月20日(土)、今年でラストシーズンを迎えるジャパンラグビートップリーグが開幕した。愛知県・パロマ瑞穂ラグビー場では、レッドカンファレンスの注目の一戦、一昨年度4位のトヨタ自動車ヴェルブリッツと、優勝5回を誇る東芝ブレイブルーパスの対戦が行われた。

ホームのトヨタ自動車、FW(フォワード)は共同キャプテンの1人でオールブラックスの前主将のNO8(ナンバーエイト)キアラン・リードら、経験値の高い選手と、PR(プロップ)淺岡俊亮、LO(ロック)秋山大地ら若手が融合したメンバーとなった。

フーパーは後半から途中出場

そして、今年加入した現役ワラビーズ主将のFL(フランカー)マイケル・フーパーは、ベンチからトップリーグデビューのチャンスを伺った。

BK(バックス)は、もう1人の共同キャプテンであるSH(スクラムハーフ)茂野海人、南アフリカ代表のワールドカップ優勝メンバーFB(フルバック)ウィリー・ルルーら、国際舞台を経験している実力派を揃えた。

一方の東芝も、FWはFLに元オールブラックスのマット・トッドと、日本代表主将のリーチ マイケル、BKは共同キャプテンのSH小川高廣、さらには新戦力の元オールブラックスのCTB(センター)セタ・タマニバルと、こちらも経験豊富な選手が入った布陣となった。

昨年9月末、東芝のFWコーチで元日本代表HO湯原祐希さんが亡くなったため、両チームの選手はジャージーに喪章をつけて、試合前には黙祷も捧げられた。

初優勝を目指すトヨタ自動車と、6度目の優勝を狙う東芝ブレイブルーパス、互いに初戦をしっかりと勝ちたい伝統チーム同士の一戦は、4305人の観客の前で、トヨタ自動車ボールでキックオフされた。

先制したのはトヨタ自動車だった。4分、LO秋山のジャッカルで相手陣に攻め込むと、ラインアウトを起点にサインプレーでWTBヘンリー ジェイミーが抜け出し先制トライ。

さらに12分、相手に攻め込まれたが、FBルルーが相手ボールを奪い返して80mを走り切ってトライ。さらに26分、NO8リードが抜けだしチャンスメイクをすると、ボールを動かして最後はFLフェツアニ ラウタイミが右隅に押さえてトライを挙げて21-0とリードする。 

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ