人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年2月18日

変化を楽しむパナソニック・内田啓介。トップリーグ2021で「何としても日本一を」

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

伝統のNZ州代表選手権「Mitre10カップ」で優勝経験。「人生で一番楽しかった」

内田啓介選手

――2019年、マイター10カップ(NZ国内最高峰の州代表選手権)に参戦するタスマン・マコに加入し、チームの初優勝を経験しました。

ニュージーランドに行ったらもう試合が始まっていた状況でしたね(笑)。

これまでもラグビーを楽しんでいると思っていましたが、あの2、3か月は人生で一番ラグビーが楽しかったですね。毎日が刺激的で、ラグビーも英語の勉強もできるし…ただ楽しかったです。その上で優勝もできて、この上ない幸せを味わいました。

――タスマンでの経験を通じてコミュニケーションの重要性を再認識したのですね。

試合でも、毎日の練習でも感じました。英語の発音ひとつで通じない時もありました。コミュニケーションが難しいので、日本にいる時を思いだして「コミュニケーション簡単やん」と思っていました(笑)。

「僕よりもパナソニックを見てほしい」。日本一に懸ける熱い思い

――内田選手から見たトップリーグ2021の見どころは?

トッププレイヤーが続々と日本に来ていますよね。今年は例年以上に素晴らしい選手が日本に来ています。レベルの高い試合ができますし、ファンの方も楽しめるのではないかなと思います。

――2015年度に4度目の優勝を果たしているパナソニックですが、チームにとってトップリーグ2021の意味は?

日本一だけです。考えているのはそこだけ。確実に日本一を獲りにいかなければいけないシーズンです。

――開幕が1か月延期され、当初予定されていた「セカンドステージ」が廃止されるなど、大会フォーマットに変更がありました。

日程が変わりましたが、大きく変わることはないですね。準備期間が延びたということだけです。この一か月で、自分達のやりたいことをブラッシュアップできました。

――内田選手にとってトップリーグ2021とは?

チームが日本一になれれば、自分はなんでもいいです。何としても、もう一回日本一になりたい。僕よりもパナソニックを見てほしいと思います。

文:多羅 正崇

多羅正崇

多羅 正崇

スポーツライター。法政二高-法政大学ではラグビー部に所属。大学1年時にU19日本代表候補に選出される。法政大学大学院日本文学専攻卒。現在は「ラグビーリパブリック」「Number web」等に記事を寄稿。ユーモアエッセイストとしても活動中。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ