人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年2月18日

変化を楽しむパナソニック・内田啓介。トップリーグ2021で「何としても日本一を」

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

インタビュー動画

内田啓介選手インタビュー ラグビー トップリーグ2021 パナソニックワイルドナイツ

第1子誕生で変化。周囲は「表情が柔らかくなった」

――ラグビー以外で熱中できることはありますか?

それが本当にないんですよね…。ただコロナ下の5月に初めての子供が生まれて、それが救いでした。熱中とは違いますが、ラグビーしていない時に子供と一緒にいることができて幸せでした。

――父親になり変化はありましたか?

自分では分からないんですが、妻から「性格が変わった」と言われました。後輩からも「表情が柔らかくなった」「めっちゃ優しくなりましたね」と言われます。

あとは子供にプレーを見せたいと思うようになりましたね。いつまでプレーするか決めていませんが、脳裏のどこかには焼き付けておいてほしい、と思います。

――チームのプロフィール欄では趣味が「ファッション」「車」です。

服はビンテージ物が好きですね。コロナ禍の前は、ビンテージのデニムを東京に探しに行ったりしていました。

――車もビンテージが好きなのですか?

そうですね。今まで乗ってきたのが車は全部アメ車(アメリカ車)なんですが、1台だけ旧車に乗りました。でも心配性なので「遠出した時につぶれたらどうしよう」と思ったら外に出れなくなっちゃって…。旧車はすぐ乗り換えました。性に合わなかったですね。

今季のパナソニックは「日本一が大前提」

――パナソニックの坂手淳史主将が「今年は準備期間が長かったので連携が良い」と話していました。

これまでは(主力選手が代表活動などから)合流して一か月で開幕、という感覚がありましたが、今季は半年くらい一緒に練習ができています。コミュニケーションが取れていて、全員で良い練習ができていますね。スクラムハーフとしてプレーしていても「不安な部分がない」という感覚があります。

――チームが特に意識していることは?

“日本一”は今まで以上に意識しています。練習中からあえて日本一とは口にしませんが、日本一が大前提にある、という感じです。

――あらためてご自身のプレーの強みは?また新たな武器は?

早くて長いパスは自信を持っています。あとはコミュニケーションの部分はタスマン(NZ州代表選手権チーム)を経験してから上達していると思います。ニュージーランドでは全部英語で喋らなければいけませんでしたし、コミュニケーションの大切さをあらためて学びました。いまコミュニケーションは少しずつですが、強みのひとつになりつつあると実感しています。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ