人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年2月16日

キアラン・リード&リーチ マイケル対談。オールブラックスと日本代表の主将経験者が語るトップリーグの魅力

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

リーチ:日本の選手にとって違った環境で、違うコーチングで、異なった準備のスタイルで、別のマインドセットやプレーを経験することは非常に成長させると思います。

姫野はきっと2023年ワールドカップのメンバーになって中心的な役割を担うと思います。経験をチームに還元してくれることを期待しています。現在、日本代表のバックローのポジションは非常に競争が激しいですが、ジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)は、その中で最高の選手を選ぶはず。だから僕自身もトップリーグで良いパフォーマンスを続けなければいけない。

―― リード選手、昨年から参戦しているトップリーグに関しての印象をお聞かせください。

リード:去年からトップリーグでプレーしていますが、ファンは本当に素晴らしいです。トヨタ自動車のホームである豊田スタジアムでも、他の会場でも大きなサポートを感じて、非常に熱い声援を送ってくれたのが印象的でした。満員のスタジアムでプレーできて感動しました。昨年はシーズン途中でケガをしてしまったのが残念ですが、今年プレーするのをとても楽しみにしています。

リーチ:僕もワールドカップから戻ったとき、東芝の地元である府中で大きな声援を受けました。スタジアムは満員になって、道を歩いていても日本代表や東芝のジャージを着た人をたくさん見かけました。ワールドカップがトップリーグに与えた影響は大きかったですね!

リード:昨年は(新型コロナウィルス感染拡大の影響で)中断してしまい、本当に多くの選手が長い間プレーできませんでした。みんなフィールドに立つのを楽しみにしています。ブレイクしそうな若手選手は自分のチームだったら7番のFL古川聖人です。去年から成長している若手選手です。(開幕が)非常にワクワクして待ちきれないですよ!

リーチ:今季は海外からも多くの選手が日本に来ています。リードさんやFLフーパーだけじゃなくて、サントリーにはSO(スタンドオフ)/FB(フルバック)ボーデン・バレット(ニュージーランド代表)、NTTコミュニケーションズにはSH(スクラムハーフ)グレイグ・レイドロー(スコットランド代表)のように、本当にたくさんの素晴らしい選手がいます。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ